2014年06月11日

すし屋一丁の秀逸の丼飯

イエロー夏は短く、冬は厳寒な北海道に住んでいて、一番嬉しいのは、いつでも新鮮な食べ物がおいしく食べられることでしょう。

そこでダイテック北海道事業所近くにある、北農ビル地下のグルメストリートを制覇すべく、おいらとグリーンが各店を散策し、シリーズとして紹介していきたいと思います。
北海道にお越しの際は、是非、札幌駅界隈にあるグルメストリートに足をお運びください。

まず、第一弾として紹介するのは、やはり北海道といえば、「海鮮」。
ということで、海鮮丼が食べられる『すし屋一丁』へ潜入スタート。
目玉メニューは、やはりふんだんに魚介類が盛られた海鮮丼ですが、そこはソレ、庶民には決してお安くない代物なので、分相応に以下のような丼飯を注文してみました。
今やラーメン一杯でもこのぐらいの価格はしますからね。

◆まぐろゴマダレ丼(780円)
なんとなく「ゴマダレ」というのに惹かれて直感で注文。
美味しかったけど、まぁ、ゴマダレは一回でいいかな。
まぐろゴマダレ丼

◆サーモン親子丼(850円)
新鮮なサーモンはとろけるようで、ほんのり酢飯もちょうどよかったよ。
やっぱり次は海鮮丼かなぁ。店頭でミニ海鮮丼弁当が530円で売られてたので、地団太踏んだ。
目の前に食べ物があるとテンションがあがるので、ピンボケでごめんなさい。
サーモン親子丼
2014年06月04日

丸エ門推参

丸エ衛門このたび、新入社員成長日記を書かせていただくことになった丸エ門です。
改めて書いてみると、国民的人気アニメーションに登場する某タヌキ型ロボット様と語感が似ていますね。
とは言っても、世界を股にかける大怪盗の一味の方がモデルということをお忘れなきようお願い致します。

まずは丸エ門の自己紹介をさせていただきます。
今年の4月に入社し技術部配属となりまして、今は日々パソコンと格闘しております。
学生時代にプログラミングの経験はまるでなかったので、少々不安もあったのですが、諸先輩方に見守られ、すくすくと成長している……はずです。

趣味などについても書いておくと、趣味は『一応』読書です。
というのも、最近はプログラミングを学習する際にコードや参考書を読む機会が多く、帰宅後は活字グロッキー状態になっていました。

最近は慣れたのか、ある程度は読めるようになったので、また少しずつ読んでいこうかなあと思っています。
積ん読本もなかなかに増えてしまったので……


さて、新入社員の二人と話題が重ならないようにしなければならないのですが、
丸エ門はダイテックとの出会いについて書いてみようかと思います。

雪がしんしんと降り積もる冬の北海道。丸エ門は大学の合同説明会に足繁く通っていました。
IT業界に興味を持っていた丸エ門は、たまたま生じた空き時間にダイテックの説明会に参加したのです。
これがダイテックとの出会いでした。

IT会社の見方や会社説明をしていただいたのですが、直感的にピンときたという印象がとても強かったというのをよく覚えています。

その直感に身を任せ、個別の会社説明会や面接に参加することに決めました。すると、あれよあれよという間に内定をいただき、入社することになったという訳です。
いやはや直感や偶然というものはなかなか恐ろしいものですね。


最後になりますが進捗報告です。
このところはMFCの学習をしており、先輩方からアプリケーション課題をいただき、その作成しております。
今取り組んでいる課題のテーマは描画で、このようなアプリケーションを作りました。
課題:ドーナツ型クリッピング

メニューから図形を選ぶと、内部に空白のある図形が表示され、空白の部分に文字が表示されるアプリです。
どうやってウインドウに描画をするかという基本的な部分から、穴抜きの部分をどうやって作るかなど、多くのポイントが含まれた課題なのです。

しかも、もう少し課題が追加されるとのことで、『上手く作れるか?』という不安と、『何とかなるだろう』という楽観の狭間で揺れ動く丸エ門なのでした。

これにて今回のブログを終わります。さて次回からどんなことを書いていくべきか……あまり思いつかないのですが、丸エ門の何らかの成長を書いていければいいなぁと思っていますので、今後もよろしくお願いします。
御読みいただきありがとうございました。

◆おまけ(記:ウェカレンジャーレッド)
丸エ門が課題を淡々とこなすので、クリッピング領域をドーナツ状や複数図形でできるようバージョンアップもしてもらいました。
試しに、写真なども花形に切り抜けるようになっています。
課題:花型クリッピング

posted by ウエカレンジャー at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>丸ェ門の成長日記
2014年05月29日

次原現る

次原はじめまして。このたびブログを書かせていただくことになりました新入社員の次原です。よろしくお願いいたします。本家次元大介が私にまだ乗り移っていないので、今回は私自身の文章で書きます。次回以降はこのブログも変化をとげているかもしれません。

さて、次元大介ということでいくつか自分との共通点を探ってみました。
公式サイトの設定によると次元大介は

身長:178cm
体重:70kg

だとのこと。私は

身長:約178cm
体重:88Kg

ということで身長はほぼ同じなのですが体重がかなり違います。入社してより少しずつ体重が減っているのでそのうち次元大介に近い体重になる可能性があったらいいなと思います。新入社員は体重が減る、と聞いておりましたが、それが本当であると実感しております。ただし、もとから細い人が痩せると危ないので同期はおそらくあれ以上は痩せないでしょう。

次に嗜好です。
酔っぱらう次原次元大介はバーボン・ウィスキー、スコッチ・ウィスキーが好きで、タバコはマールボロもしくはポールモールとのこと。私もウィスキーは好きなので思わぬ共通点を見出しました。一番好きなのは日本酒ですが、過去に失敗をしているお酒なので普段はあまり飲まないことにしています。ウィスキーは幸いまだ失敗をしていないので好んで飲みます。タバコの銘柄も偶然私が吸っている銘柄と同じで驚きました。とはいっても次元は一日60本のヘビースモーカーなのに対し私は4月に買ったタバコがまだなくなっていない状態ですが…。

次元大介の調査は次元のセリフから気に入ったのを一つ抜き出して終わりにします。
『ルパン三世 アルカトラズコネクション』より、無闇にマシンガンを撃ってくる相手に対して一撃で決めたあとのセリフで
「銃ってのはな、撃った数じゃねぇんだよ」
というのがあります。一流のガンマンは言うことが違いますね。
このセリフをみて、最近上司から教えていただいたことを思い出しました。
「営業ってのはな、訪問した件数じゃねぇんだよ」
一流の営業マンになるよう頑張ります!

最後に進捗報告。
4月に入社し、最初は右も左もわからぬまま(今も大きく変化したわけではないですが)上司やまわりの先輩方に助けられ、社内でのさまざまな作業から電話の取り方、Tfasの操作を学んでいきました。その後上司に同行しお客様と会うことで実際の営業の空気を経験しました。そして先週より一人で新規訪問しています。まだまだどのように話を進めていけば良いかわからず試行錯誤する毎日ですが、私の感覚では少しずつ成長できていると思います。とはいえ、やっと名刺交換へ話を進める流れがわかったところです…。先は長いですが、一歩一歩着実に進んだ道が一流の営業マンへの道につながると信じて頑張ります。
以上で今回は終わりです。次回は次元大介が乗り移っているかもしれないです。
posted by ウエカレンジャー at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>次原の成長日記
2014年05月27日

ル鈴三世颯爽登場

ル鈴三世ルリ〜ンさ〜んせ〜い ♪

というわけで今年からブログ執筆に参加させていただくことになりました「ル鈴三世」です。
今回は新人三人組ということで、普段のレンジャーとはちょっと趣を変えてのお届けです
どうぞよろしく!

諸先輩方に倣い新人教育のあれこれを…と思ったのですが、
実はル鈴三世、今年で二年目なので新人研修自体は終わってしまっているのです。
しまったこれでは書くことがない…というわけで
慣習の枠にとらわれずよしなしごとを書いていこうと思います。

というわけでル鈴三世の第一回目の記事は、最近使い始めた「WTL」について。
この WTL は、Windows で動くアプリケーションをお手軽に作れるという優れものです。
似たようなものに MFC というものがあるのですが、残念ながらこれは有償。
WTL は、それより多少機能は劣りますが、素晴らしいことに無料なのです。

しかし世の中、金がかからないということは他の手間が高くつくものです。
この WTL もご多分に漏れず、利用するにはいろんなものを引っ張ってくる必要があります。
VisualStudio、ドライバ開発キット付属の ATL 、フリーのリソースエディタ…。

もろもろの準備を整えていざ作成。
とりあえず新規作成して自動で書かれるコードをビルドしてみます。
するとどうでしょう、[OK]と[キャンセル]の二つのボタンだけが付いた
自分を閉じる機能だけを持ったアプリケーションができました。
おぉ、ブラボー。

しかしいささかデザインが気に入りません。
ボタンが小さいため、マウスに不慣れな人がうまく閉じれない可能性があります。
なのでリソースエディタを使って少々大きくすることにします。
10 ピクセルほど上下に大きくして上書き保存、そしてビルドします。
うーん、まだ足りない、もう一度リソースエディタを開いて編集しようとします。
すると、

[リソースファイルを読み込むことができません!]
苦悶するル鈴
…?たった今、自分が保存したコードなのに読めないですと?
これではリソースファイルは一度編集したが最後、二度といじれないということになります。
その後、文字コードを変えてみたり、始めからやり直してみたりしましたが
一向に読み込むことができませんでした。ガッデム!

それから三日後。どうしたものかとリソースファイルを眺めていると、
一つ無駄な半角スペースが書かれていることに気がつきました。
しかし半角スペースはコード状では無視されるのが世の常。
まあしかし、意味のあるものではなし、とりあえず消しておこうと消したところ、
…何とリソースエディタが読み込んでくれました。
この半角スペースの一体何が気に入らなかったのか…。

なにはともあれこれで一通り開発の環境は整いました。
次回の CWindowImpl 編へ続く?かもしれません。
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ル鈴三世の成長日記
2014年05月22日

ゴジラ還暦

グリーン危機一髪国民的キャラクターのゴジラが還暦を迎えたそうです。
といっても、ゴジラは200万年前の生物という設定なので、ゴジラが初上映された1954年から60年経ったということです。
ゴジラシリーズは、日本が世界に誇る怪獣映画であり、伊福部昭氏が作曲した、あの勇壮なゴジラのテーマ曲は、日本人なら一度は耳にしたことがあるソウルミュージックでしょう。
桃太郎電鉄やシムシティにもゴジラをモチーフにしたキャラクターが登場し、独占した土地やせっかく築きあげた街を破壊され、何度苦しめられたことか・・・。

ところでゴジラは、単一生物が何度も復活しているのか、複数のゴジラがいるのかよく分かりません。ミニラがいるわけですし、様相もしばしば変わるので、1体のみということはないかな…。

さて、ゴジラはいろいろな怪獣と共演していますが、僕のお気に入りの「キングコング対ゴジラ」は、ハリウッドの名怪獣キングコングとのコラボ作品です。作品全体がコメディタッチになっており、ボンドガールの浜美枝も登場。なのでそれ以前の環境破壊を風刺するようなメッセージ性もなく、重厚感や緊張感は全く感じられません。キングコングがオランウータンぽいのと、ゴジラに岩を投げつけようとして転んで頭を打ってしまうというシナリオがシュールです。
ハイビジョンで見ると、特撮のいろいろな仕掛けが目につくし、当時の映画会社は俳優・女優が専属だったので、シリーズを通して同じ顔ぶれなのが何とも時代を感じます。

ゴジラ人気により、ゴジラはキングギドラのような宇宙怪獣と戦うようになり、気づけば地球を守ってくれる強い味方となっていくわけですが、「三大怪獣 地球最大の決戦」では、モスラの説得で対立していたラドンと手を組んだり、「怪獣大決戦」では勝利の雄叫び「シェー」を連発。「ゴジラの息子」ではミニラ相手に教育パパぶりを披露するなど、もはや破壊神の片鱗はなく、すっかり娯楽作品に定着。
というか迷走してる? そのせいか、平成シリーズやミレニアムシリーズでは、次々と強敵が現れ、方向転換を強いられているような気もします、、、

ハリウッド版ゴジラが、渡辺謙主演で今夏上映されるということなので楽しみです。
ゴジラさん、還暦おめでとう。

posted by ウエカレンジャー at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>映画・本
2014年05月14日

新人研修+新人サポート講習会+新人紹介

レッド4月中旬、新入社員研修の一環として、弊社で取り扱っている製品を知ってもらおうと、講習会が行われ、来年入社志望の学生さんにも参加してもらいました。
講習は、弊社が実施しているCADスクールのカリキュラムに準じ、初心者向けの基本操作から設備図面作成までをマスターする3日間コースで行われました。

指導する講師もまた、今回が初スクールというルーキーです。
本来なら、ベテラン先輩を相手に講師デビューするという、僕ならワナワナ震えそうな伝統行事なのですが、このような場がもうけられて良かったのではないかと思います。
ベテラン勢があまり口を出さずに、新米同士のがっぷり四つ講習でしたので、セッティングや段取りに手間取り、若干時間に遅れが生じたようですが、講習は無事終了したようです。

講習会風景

営業、技術、サポート、それぞれ配属部署は異なりますが、弊社が作っている製品がどのようなものか理解してもらえたのではないでしょうか。
とりあえずはそれぞれの持ち場で精進してもらいます。彼らがどのように携わっていくのか楽しみですね。

これから弊社を担って行ってくれる若手社員ではありますが、一年もたてば、隠居間近の僕も、優秀な彼らに引っ張ってもらっているでしょう。
そのうち彼らにもブログに登場してもらう予定です。
  
★新人トリオの皆さんです。昨年入社した鮮度が落ちてるメンバーもおりますが、、、
ル鈴三世        丸エ衛門        次原
 ル鈴三世         丸エ門          次原
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年04月24日

WebCADDにARCDRAWが登場しました。

2014年4月24日、弊社の人気製品「ARCDRAW」の最新バージョン「ARCDRAW 2014」WebCADD.com のラインナップに加わりました。

ARCDRAWは設備機能を搭載していない2次元CADです。
設備機能や3D機能以外は、弊社の他CAD製品と同レベルの機能がご堪能いただけます。
基本仕様などの詳細は、WebCADD.com または ダイテックホームページ にてご確認ください。
また、CADWe'll Tfas および CADWe'll 土木図面との互換性もあるため、補助ツールとしてもご活用いただけるのではないかと思います。

料金体系もシンプルにしました。
基本料金や保証金などの費用は一切かからず、製品の使用時間に応じて料金が発生する従量課金制となります。
課金単位は、0.5時間(30分)で、1時間あたりの利用料金は108円。
無償バージョンアップというおいしい特典もありますので、長期に渡ってご利用いただけます。
ただし、クレジットカード支払いのみのお取扱いとなります。
また、サポートはメールサポートのみとなっていますのでご了承ください。

WebCADD.com で製品をご契約後、製品ファイルをダウンロードし、インストールしていただければご利用が可能となります。
お急ぎでCADがお入り用の方、低価格のCADを探していたという方は、是非この機会にARCDRAW 時間課金版をご吟味いただければ幸いです。
レッド
posted by ウエカレンジャー at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイテック情報>お知らせ
2014年04月09日

ステーキピラフ@ジョリー ジェリー エゾバル

おいらが最近はまっているのが、「ジョリー ジェリー エゾバル」のステーキピラフ
その名の通り、ピラフの上にカットしたステーキが乗ったメタボにはたまらない料理なのだ。

場所は狸小路に近い、札幌市中央区南2条西5丁目
通り過ぎてしまうくらい細い入り口から地下へと下りると、中は広く、大きなスクリーンにはアメリカンミュージックの映像が流れ、アメリカンテイスト満載の内装です。
ウェイターさんも、チラッと見えたシェフもかなりのイケメンで、THE日本人のおいらは少々居心地が悪かったっす。

さてお味の方ですが、肉はレア焼きで柔らかく、ソースがピラフに染みて、口直しのサラダもワンプレートに収まり、なかなかおいしゅうございました。
アメリカンワイン専門店なので、ステーキピラフのお供に是非どうぞ。
ステーキピラフ イエロー感激
2014年04月03日

春なのに・・・

大変ご無沙汰しておりまして申し訳ありません。
春の嵐が吹き荒れる中、消費税増税に伴うシステムメンテナンスなどの業務に追われてました。
今回のメンテナンスは、料金に関わる重要案件だったため、“話しかけるな”オーラ全開で、周囲にも迷惑をかけてしまったのではないかと思います。
消費税改定に伴う料金変更につきましては WebCADD.comサイト にてご確認ください。
レッドナーバスになるムキーッ

怒涛の消費税対応が一件落着したのもつかの間、皆様もご存じのことと思いますが、4月8日をもちまして「Windows XP」のサポートが終了します。
WebCADD.com で提供している製品はすべて、Windows 8 に対応しておりますので、将来的にパソコン(OS)を入れ替える際も引き続きご利用いただけます。
その際、旧バージョンの製品をお使いのお客様は、最新バージョンに引き上げてご利用ください。
会員のお客様は無料で最新バージョンをダウンロードすることができます。

本州では桜満開のニュースが報じられていましたが、北海道の開花時期は例年、ゴールデンウィーク頃です。
さてその頃にも、WebCADD.com で、もう一波乱ありそうな予感・・・。
ゴールデンウィークにまったりと花見を楽しむためにも、気を引き締めなければ・・・。

花見で盛り上げるレンジャー
posted by ウエカレンジャー at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイテック情報>お知らせ
2014年03月12日

田舎のふっくらおかき

今日は、国産米を100%使用したお菓子「田舎のふっくらおかき」を紹介しちゃうぞ。
販売元は、「味しらべ」などでおなじみの米菓メーカーの岩塚製菓さんですが、
北海道の千歳市に工場があり、そこでも直売しているんだよ。

田舎ふっくらおかきパッケージ

工場の直売店さんの良いところは、製品にできない規格外となってしまった商品をお手頃な価格で販売していたりするところでしょう。
和菓子メーカーの柳月の工場では、三方六の耳(切れ端)を販売してますが、こちらも行列ができるほどの人気ぶりです。

さて、「田舎のふっくらおかき」のお味の方は、砂糖醤油で甘じゃっぱいおかきです。
しょっぱいせんべいが多い中、なんだかこういう味って和むわぁ。
食後に何かが歯に挟まった感じがあったのは、マカダミアナッツが練り込まれているからだったのねン。
差し歯が折れるような固ーいおかきではなく、ふっくらしていて、さくっとした歯ごたえもナイスで、子供にも喜ばれそう。\(^o^)/

ふっくらおかきズーム  イエロー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。