2015年03月12日

ついにプロバイダ乗り換え

レッド以前、インターネット回線がしばしば断線する状況が続き、NTTに修理してもらった愚痴を投稿しましたが、いまだに時間帯によっては通信速度が1Mbpsにも到達せず、ジレンマを感じ続けておりました。
長らくインターネット接続を自粛しておりましたが、オンデマンドも観れない不便さにしびれを切らし、ついに一大決心して、18年使い続けたプロバイダと決別、新しいプロバイダに乗り換えることにしました。

現プロバイダと速度が変わらずとも、料金が安くなればいいかなと、低価格のプロバイダを選定。
プロバイダの乗り換えって実に簡単。もちろん、すでに開通している回線(Bフレッツなど)を再利用する場合に限ってですが、、、
  1. 変更先プロバイダの申込みページに記入
  2. 数日後、接続設定マニュアルが自宅に届く
  3. NTTからプロバイダ変更確認の電話がかかってきて、本人確認
  4. ルータやメールなどを新プロバイダ用に設定
  5. 変更前プロバイダの解約
以上

新プロバイダが無事開通すると、気になるのはやはり通信速度。
おそるおそる測定してみました。
すると驚きの結果が、なんと50Mbpsを超えてるではありませんか!
混み合うであろう夜間帯に接続しても速度が出ています。
なんじゃ、こりゃ。
月額料金も安くなって、回線速度も速くなって、ストレス減って、enjoyブロードバンドライフ!!

マンションの場合はベスト・エフォート型の影響をもろに受けるので、20Mbpsを超えればいい方かなと思っていたので、驚きの結果です。
しかし如何せん、老齢のせいか、体感速度ではよく分かりませんでした。

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折@快適ブロードバンドライフに挫折A快適ブロードバンドライフに挫折B
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2015年01月14日

アンドロイドの辞書を奪え!

ル鈴三世ルリーンさんせーい

以前にアンドロイドの勉強をするといっておきながら
別のことにかまけてすっかり忘れてしまっていました。
そろそろまた勉強しなおしたいと思います。

勉強としてアンドロイドの開発者向け Web ページにある Training を
なぞるつもりなのですが、とりあえずウォーミングアップとして
日本語に簡単に訳してブログの記事としてみます。
一回目は Building Your First App の部分です。
なお、内容は意訳と省略にあふれています。

------ここから------

Building Your First App

ここではとりあえずのお試しアプリを作る方法が載っています。
開発環境やプロジェクトファイル、デバッグバージョンの作り方が説明されます。
加えて、デザインやインタフェースに関する話にも触れています。

-Set Up Your Environment
まず開発環境を整えましょう
1.Android Studio をダウンロードする
2.SDK Manager を使って最新の SDK ツールを手に入れる

Note. Training では Android Studio の利用を前提とします。

このセクションでは、アンドロイド開発の基本となるコンセプトを学ぶために
小さなアプリを作ります。

------ここまで------

SDK Manager は Android Studio 上のインタフェースからダウンロード、インストールします。
なので、まずは Android Studio のセットアップをしてしまうのがいいです。

次回はプロジェクトファイルの作成です。
なんか以前もこんな記事書いたなと思いつつも次回へ続きます。
posted by ウエカレンジャー at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ル鈴三世の成長日記
2015年01月08日

新年あけましておめでとうございます

red_hakama.gif新年あけましておめでとうございます。
本年も WebCADD.com をよろしくお願い申し上げます。

WebCADD.comは、今夏ついに10周年を迎えます。
これもひとえに、皆様方のご愛顧の賜物だと思っております。
当初は、「CADWe'll土木」のみで細々と運営していた WebCADD.com も
弊社の主力製品である「CADWe'll Tfas」シリーズや「ARCDRAW」も取り扱うようになり、
ユーザー数も爆発的に増え、昨年は悲願だったサーバー強化もできました。
益々皆様のお役に立てるようスタッフ一同精進していく所存です。

さて今年は、サイトのデザインを一新したいとも考えておりますが、
デザインが変わると使いにくいお客様もいらっしゃるようで、二の足を踏んでおります。
管理人も含め、スタッフはCAD開発と兼業していることもあり、時間的にも難しいかな。

今年は10周年を記念して、何かイベント的なことができればいいなぁ。
ちょっと上司と相談してみます。

今年も何卒、よろしくお願い致します。
posted by ウエカレンジャー at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月25日

2014年度忘年会

イエロー早いもので、今年も残すところあと僅かとなりました。
というわけで、ダイテックの札幌営業所、コールセンター、札幌技術部の面々で、
札幌駅に直結している 北海道食市場『丸海屋』 にて忘年会をしてきたよ。
SS事業部の方々は多忙のため、残念ながら欠席です。

爆弾低気圧の影響で暴風雪、猛吹雪の警報が出された某日の北海道。
外出を控える呼びかけ報道もある中、粛々と宴会会場へ集結。
札幌駅周辺は地下街が発達しているので、こういう悪天候や路面凍結時は助かります。
市内は穏やかな天候だったので、後で北海道の一部地域がかなり大荒れだったことを知り、JRの改札口でテレビ局のカメラが陣取っていた理由が分かりました。

忘年会シーズンなので、店内は大賑わい。悪天候も不景気もここでは関係ないようです。
部長様の厳しい一家言のあと、カンパーイ。
ビール瓶や箸袋にまで社名を入れる気遣い。居酒屋のセールスアピールに感心しながら、北海道ならではの海鮮料理に舌鼓。
bounenkai_1.jpg

19:00開始の宴会でしたが、空腹組は出てくる料理にがっつき、酒好きは飲みに徹し、様々入り乱れて談笑。
ダイテックラベルのビール瓶はあっという間に消費し、おいらは、おいらの入社年に生まれた新人とのジェネレーションギャップを嘆く。

おいらの周囲に料理がっつき組が固まってしまったので、空の皿を目の前に、隣のテーブルの手つかずの料理が羨ましくて涎がこぼれました。

さて、幹事さんが裏でこっそり支払を済ませると、幹事様に栄養ドリンクのサービスまで。
bounenkai_2.jpg

宴もたけなわ。ただ暴風雪の脅威が去ったわけではなく、翌日も仕事なので急いで帰途につきました。
巷ではクリスマスシーズンだからか、ホワイトイルミネーションを見ながらイチャつくカップルが多かったですよ。
彼らには爆弾低気圧など関係ないんでしょうね。 う~、おいらは懐も心も寒ッたらーっ(汗)

さて、株式会社ダイテックの年末年始の休業日は、
2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)までとなっています。
WebCADD.com は年中無休ですので、いつでもご利用可能です。
ただし、メールサポートへのお問い合わせに対する回答は、休み明けの1月5日から順次ご案内いたします。
それでは皆様も良いお年をお過ごしください。
posted by ウエカレンジャー at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイテック情報>お知らせ
2014年12月22日

次原成長日記 第6回

次原ご無沙汰しております。
次原です。

入社してより9か月、いつのまにか年末を迎えることとなりました。
年末といえば、来年の抱負を述べる時期かと思います。
ここはひとつ来年の抱負を述べて、今年最後の記事にしたいと思います。
  1. スケジュール管理をしっかりして仕事に一生懸命取り組む
  2. 遠出をする
  3. ルパン三世の映画をみる
1. については私がスケジュール管理を苦手としていることから書きました。
スケジュール管理することで仕事の抜け漏れをなくしたり、より効率よく、仕事できるようになるかと思います。
今年1年を通して毎日が一瞬で過ぎることから、時間は有限であることを強く認識しました。
学生の時とは違うということですね。
来年は時間をより大切にしていきたいです。

2. について、今年はほとんど札幌から出ませんでした。しかし、私もついに仕事で車に乗るようになりましたので、来年は札幌から離れたところにも伺いたいと考えています。
私自身、田舎で育ったこともありまして都会よりは田舎の方が好きです。
遠出をして色々な景色をみたいです。

3. については次原という名で記事を書いているにも関わらず、いまいち次元大介に触れる機会が今年は少なかったと思います。
来年は映画をみて、より次元大介をイメージできるようになろうと思います。

以上で簡単ですが来年の私の来年の抱負とします。

【次原成長日記】
ここ1,2か月という短い期間でも色々な経験をし、毎日が一瞬で通り過ぎていきました。
その中でも今回は来年の抱負でも書きました車関連の報告をします。

私もついに車に乗るようになりました。
札幌はいつ雪が積もるのだろう、今年は遅いのかな、とのんびり思いながら車に乗っていましたが、ついにドカ雪が降りました。これは根雪になるでしょう。
私、実は冬道運転は初めてでして、毎日慎重に慎重に運転しております。
少し慣れてきたところでございますが、夏とは違う景色にまだまだ運転の難しさを感じます。

しかし雪にもめげず運転に取り組み、少しでも遠くのお客様のところへ訪問できるよう頑張っていきたいと思います。
posted by ウエカレンジャー at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>次原の成長日記
2014年12月17日

快適ブロードバンドライフに挫折B

レッドナーバスになるがっ、翌日も回線断でネット接続できず、悪夢再び! ムキーッ

再び修理屋さんに来てもらうが、マンション内に敷設された配線はNTTではどうしようもないという。そうしている間に、修理屋さんの前でついに回線断が再発。
NTT側の記録でもエラーは確認できたが、近隣世帯では異常は出ていないとのこと。修理屋さんが持っている機器で電話線を測定しても通信エラーは検出できず。
できる範囲内で室内の電話配線の切り替えと回線の送信速度を調整してもらう。
NTT側でできることはすべてやったのでということで、原因が特定できぬまま修理終了。

現象をまとめると、
  • パソコンを起動していなくても、断線する
  • 同じ集合装置経由でも、断線は私の部屋限定である
  • 電話線の通信チェックではエラーは出ていない

電気系統のどこかがおかしくなった可能性も考慮し、個人的にアダプターを差すタップをサージ電流対応のものに新調しました。
雷に限らず、モデム、ルータからもサージ電流が発生することもあるというので、気休めと節電対策としてルータをエコモードにし、自宅不在時は眠ってもらうことにして様子を見ています。

回線速度は10Mbpsを切る最悪の状況は相変わらずで、断線がいつ再発するかビクビクです。
ただ10分間隔で回線断していた最悪の状況からは脱した模様。
回線速度の劣化はプロバイダやセキュリティソフトなどにも起因するため、快適なブロードバンドライフは諦めました...
CATVでも引こうかな...

今回学んだこと
  • NTTが割と親身で迅速に対応してくれる
  • 雷が鳴ったら、電気製品のコンセントを抜こう
  • ブロードバンド依存はほどほどに

二週間経過しましたが、断線することはなくなりました。
ただ、通信速度は1Mを切ることもありADSL以下、ISDNよりも古いテレホーダイ時代かと時代錯誤に陥ります。
愚痴っぽい記事を長々と申し訳ありません。

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折@快適ブロードバンドライフに挫折A
posted by ウエカレンジャー at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月11日

快適ブロードバンドライフに挫折A

遺憾です。レッドです。マンションの光集合装置の交換という大がかりな措置をしてもらい、安心したのもつかの間、翌朝には回線断が再発。
パソコンを立ち上げてなくても、VDSLモデムのLINEランプが点滅しております。がっくし。

半ばうなだれながら再度NTTに電話連絡。
休日なのでオペレータに繋がるまで30分ほど待つ。
昨日修理してもらったが、現象が収まらない主旨を伝え、先日と同様に通信状況を調べてもうらうと、エラーの記録が確認できましたので今日中に修理業者を派遣しますとのこと。

断線は一時的なものなので、数時間後、修理業者さんが来た頃には回線状態は回復。
通信チェックしても、今現在は正常で、エラーも検出できないとのこと。
そりゃ、そうでしょう。回復してんだもん。でもクレーマーじゃなんだよ、本当に回線が切れてたんだよ...
修理屋さんが来ている間に断線しないのが歯がゆい。

夏の終わり頃に雷が落ちて停電したことやインターフォンをバージョンアップしたことを告げると、配線や電気系統に影響を及ぼした可能性はあるとのこと。
他にも冷蔵庫や電子レンジなどが近くにあると、なぜか回線断が起こった事例もあるらしい。ただ電気ノイズ除去装置を取り付けようにも、ノイズを受ける側ではなく、ノイズを発している側につけなくては効果が薄いという。ノイズは目に見えないので特定できましぇーん。
とりあえず、モデムが旧式の初期モデルだったので、最新のVH-100「4」E「N」に交換してもらい様子を見ることに...
もちろん、NTTからのレンタル装置なので無償交換です。
何度もご足労願って申し訳ありませんと愁傷な気持ちで、修理屋さんを送り出す。(続く)

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折@快適ブロードバンドライフに挫折B
posted by ウエカレンジャー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月09日

快適ブロードバンドライフに挫折@

レッド今やスマホ携帯もテレビゲームもWi-fi接続が主流で、ブロードバンドは欠かせない時代。私もBフレッツ光を使用しているわけですが、どうも最近調子が悪い。
回線速度は10Mbps以下、インターネット接続も度々切れます。ただ完全な断線というわけではなく、数分で回復するので、ずっと騙し騙し使ってましたが、最近は10分間隔で断線して、温厚で忍耐強い私でもイライラが最高潮。
技術者の性分なのか、自力回復を模索し、ネット検索でいろいろ助けられたので、私の経験も残しておこうと思います。

注目したのが、断線中、マンション用のVDSL装置(モデム)のLINEランプが消灯したり、ゆっくりと点滅していることです。
回線に狙いを定めながらも、他の原因を排除するため、いろいろ実験。
  1. VDSL + 無線LANルータの電源入れ直し
  2. ルータを経由せずに、直接VDSLに接続
  3. 電話線およびLANケーブルの抜き差し、および交換
  4. プロバイダに故障や工事の問い合わせ
いずれも回復には至らず...。もうこれはNTTに聞くしかないと、早速NTTの故障受付のコールセンターに電話しました。
故障サポートは、PM5:00以降は留守番電話受付。留守電ってなぜか緊張するんですよね。
そこで、翌日の午前中に電話したら、すんなりオペレーターに繋がり一安心。

状況を説明すると、回線状況を調査して折り返し連絡しますとのこと。
どうやら遠隔で通信状況が分かるようで、待つこと10分少々。
折り返しの電話で、今現在は通常に通信できているが、頻繁にエラーが出ていると教えられる。恐らくログが記録されているのでしょう。

VDSL装置の故障が疑われるので、交換用を宅配輸送するか、修理業者を派遣するか聞かれます。
特に急いでもいないので、宅配してもらうことに。使用中のVDSLの型番を聞かれ、帰宅後連絡することにし、ドキドキしながら留守電に、名前と電話番号、連絡内容を噛み噛みで吹き込むと、数分で折り返しの電話がかかってきました。
午前中のオペレーターさんが記録を残していたようで、杓子定規な個人確認の後は、スムーズに話が進みました。
ただ、VDSLが原因と特定されたわけではないので、交換しても直る保障はないということで、結局業者を派遣してもらうことに。

翌日、業者さんに調査してもらうと、マンションの光集合装置のエラーランプが点灯していたとのこと。ただ、1つの集合装置に16世帯分が接続されているはずなのに、他からは問い合わせは来ていないとのことで少々不安が残る。
NTT管轄の装置故障ということで、集合装置を無償交換してもらい、修理終了。ところが、、、(続く)

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折A快適ブロードバンドライフに挫折B
posted by ウエカレンジャー at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月03日

柳月の「どらパンケ」

ピンク2週間前くらいに、近所の柳月にいったときに、「どらパンケ完売御礼」というのを目にしました。
「???…あっ」思い出しました。
そういえば、HTBの朝の番組「イチオシモーニング」で完売スイーツとして紹介されていました。
本当に完売しているんだ〜、と驚きです。

そんなことも、すっかり忘れていた頃、友人から「どらパンケ入手したよ」との連絡が。
なにやら、毎日開店と同時に完売するくらいの人気なので、予約して購入したとな。
その苦労の品を頂きました。

dorapanke1.jpg
パッケージはこんな感じ。

dorapanke2.jpg
ホイップクリームとメープル味のカスタードクリームがふわっふわの生地にはさまれて、とても美味しゅうございました。
これで、130円はお得感ありますな。

後日、札幌駅のエスタの柳月に昼休みにいってみたら
「どらパンケ完売御礼」とでていました…本当に完売してるんだ。
posted by ウエカレンジャー at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年11月26日

図面容量チェックはじめました。

call.gifCADWe'll Tfa6 から、お客様の環境により、32bit版Tfas と 64bit版Tfas をお選びいただけるようになりました。
64bit版Tfasでは、既存の32bit版図面(*.tfs)よりも大容量の64bit図面(*.tfx)を取り扱うことができるようになりましたが、32bit版Tfasでは64bit版図面(*.tfx)を読み込むことができませんでした。

CADWe'll Tfas 7 では、32bit版でも扱える範囲内の図面容量であれば、64bit版図面(*.tfx)を読み込むことが可能です。
CADWe'll Tfas 7 には、図面容量をチェックするコマンドが装備されていますので、図面出力する際の目安にご利用ください。

■ 図面容量チェックコマンド
  1. [ツール]メニューの「ツールバーカスタマイズ」を選択
  2. 分類欄の「表示」を選択
  3. 図面容量チェックコマンド yoryocheck_icon.png をツールバーに配置する

ツールバーに配置した yoryocheck_icon.png をクリック、図面容量チェックを実行してみましょう。
図面容量の目安が表示されます。

★32bit版図面の許容範囲内の図面容量の場合は緑色で表示されます。
youryo_green.jpg

★32bit版図面の上限値を超える場合は、下図のように赤く表示されます。
youryo_red.jpg

ただし、あくまでも目安であり、図面の状況により、正しく判断されない場合もあります。特に図形を大量に削除し、未保存の図面などは、実際より高い値で表示される場合があります。
posted by ウエカレンジャー at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>共通
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。