2013年07月17日

もったいない

white.gif「もったいない」
これは海外には該当するものが無い言葉。

先日、アメリカ出向中の親友が日本製と韓国製のテレビの作り方・売り方の違いを話してくれました。
「日本製は品質重視で、作る時点で不良品を出さないことに全力を尽くす」
「韓国製はコスト重視で、不良品が出る前提で、出た場合のアフターサービスに全力を尽くす」

この話を聞くと、海外と日本の明確な価値観の違いを感じます。
「壊れてたら新しいのと交換すればいい。だからとにかく大量生産しよう」
大量消費な社会への全面賛成的な価値観。それがきっと海外。

では日本は?
日本こそその急先鋒じゃん!という人も居るかと思いますが、私はそうは思えない。
世界的に日本メーカーが苦戦している理由を追っかけていくと、そう思えてなりません。
いろいろ日本メーカーの姿勢へのダメ出しを見かけます。大量消費を前提とした市場・価値観から考えれば、きっとそれらの言葉は正しいのでしょう。

ではなぜ、日本メーカーはさっさと方針を変えないのか?
その根底にあるものこそ、「もったいない」なのではないかと思うんです。
物を大切に扱う概念、それこそが品質重視の価値観を生み出している。世界的にマイナーな価値観だからこそ、メジャーな価値観に追いやられる。

不器用なまでの日本人の精神性が、もったいないという言葉で現代もなお受け継がれている。
利益追求なはずの大手メーカーでさえ、その精神を捨てることができない。

テレビ戦略の話は、きっとその一貫なんじゃないかな。
そんな「貫く」日本が、私は大好きであり、誇りです☆

…とゆーわけで、最近瀕死な我が家のPC、もったいないので買い替えずに復活させるぜ!
キラキラの次世代ディスク・SSD導入なり〜☆
SSD

今夜から設定で悦に浸ります。

…あ、このディスク、インテル製だ。
アメリカ〜
大量消費社会バンザ〜イ( ̄▽ ̄)
posted by ウエカレンジャー at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2009年05月12日

.NETは「こだわり」ません?

 最近、「.NET(ドットネット)」が熱い。いや、むしろ篤い。.NET環境で作ったプログラムは、その動作を変えることなくどの言語へも対応できるという、言語非依存の画期的概念なのです…が。
どうにも細かいお作法などが色々あるようで、実はイマイチそのうまみを味わえていません。
white.gif

共通化といえば、人類社会では古今東西その履歴を確認できます。旧約聖書のバベルの塔、自然科学の統一場理論、世界共通語のエスペラント語などなど…。共通化は、事象のより広範で深い意思疎通・理解を目的とした大変有意義な発想なのです…が。
どうにもうまくいかない例もあるようで、実はイマイチそのうまみを味わえていません。

統一場理論は万物の自然法則全てを矛盾無く説明することを目的とした意義深い理論。最近日本人が自然科学分野でノーベル賞を独占したことが話題となりましたが、その研究内容はまさに同分野を理論的に体現する上での貴重な成果であったりします。にもかかわらず、未だ様々な学説が飛び交い、中には研究者の哲学レベルの話にまで膨らむものもあるようで、理論の完成には程遠い模様。
 新たに世界共通語を作り皆で使おうという趣旨のエスペラント語も、悲しいかな知名度が圧倒的に低く、目的を達成できていないようです…。

こう眺めていると、背後に文化性のあるものについては、利便性追求がうまくいかないのかもしれません。きっと、文化性に対し人は「こだわり※」を抱くがゆえに、価値基準が変化するのでしょう。バラバラであることに価値を置く。難しいですね、人間って。バベルの塔なんて、最初1つだった言語が神の意向でバラバラになったというお話ですから、もはやなんだかよくわかりません。
閑話休題で、では私が今携わるこの.NETは、私のこの状況を鑑みるに、きっと文化性はあまりないに違いない。少なくとも、開発言語にはこだわらないのだから、きっとそうだ! …こだわりを持って創り上げたマイクロソフトの皆さん、ごめんなさいたらーっ(汗) 精進しますです…

※拘り(こだわり);特定の対象に、強く愛着し、離れることが出来ない状態を指す。拘りが得られない状態に置かれた場合、多くの人は拘りを諦めるか、気を紛らわす。(Wikipedia)

私もそろそろ、気を紛らわせようかな(言い訳)。
posted by ウエカレンジャー at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2009年04月16日

恐怖の輪廻体験

初春だなあと思っていたら、早くも本州では初夏の便りがちらほら。しかしながらここ北海道ではまだまだ"晩冬"さんが居座っていて、春の陽気まで今一歩及ばない感じです。

そんな最中の先週土曜日、初夏真っ盛りな本州・広島から先日親友が来札したので、彼に付き合い「春スキー」に出かけました。4年ぶりのスキーです。最後に行った春スキーの翌日、急性腸炎で2日間仕事を休むという苦い経験から、暫く縁遠かったので、気付いたら4シーズンも空いてました。

久々のスキーに内心どきどきでしたが…

しっかり無事に滑ることができました☆ いやはや、体はしっかり覚えているものです。雪の状態も春スキーとしては申し分無く、天気も快晴!日本海を眺めながら快適に楽しめました☆
春スキー

…しかし。

帰宅してから何だか倦怠感。続いて軽い寒気。

「風邪っぽいな…早めに寝よう」速やかに就寝を図る。
夜3時頃、腹痛で覚醒→「×○※▲#〜!!」日曜が過ぎ、月曜に至るも回復せず、新年度まもなく有給休暇な私。

月曜午後、病院にて
「ああ、腸がぐるぐるなってますなあ。炎症おこしとります」

4年前と同じです。急性腸炎です。医者が言うには理由の可能性として、食中毒or風邪菌の腸内侵入だそうですが、私的には今後、もう一つ、有力候補が出来そうです。

『春スキーに行ったから』

歴史は繰り返すと言います。
私はこの体験を通し、現世における輪廻を
「春スキー」として味わったのです。

皆さんも、どうか身近な輪廻にはお気を付け下さい。
…え、ただのジンクス? 今から4年後に、その真相が判明することでしょう☆
posted by ウエカレンジャー at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年07月01日

☆祝・コマンドデビュー☆

入社して3ヶ月半が経過し、実務を仰せつかる中…遂に、人生初となるコマンドデビューを果たしました! いや正確にいうと環境設定ダイアログの基本ページで機能をひとつ追加するというものですが…

white_kouji.gif

お客様に使って頂くものを、遂に作ってしまいました。いやはや、前職時代初めてカクテルを作った時を思い出します。あの時も、お客様にお出しする際緊張で手がぶるぶるしたのを覚えております…

実務に入ると、新人教育受講時代とはまた色の違う内容の事柄を沢山学びます。全てが初めての為、バックトゥザフューチャー1でマーティーが現代に帰る際のドッグのハラハラッぷりばりに、とにかく手に汗握ります。集団作業用のソース管理ソフトVSSに初めてチェックインする時の恐ろしさに比べたら、リングの貞子なんてめんこいものです。
日々、実践の中で学習していく為、常に諸先輩のお世話になり、一歩一歩進む…そんな感じです。まだ少し時間がかかりそうですが、ひとり立ちを胸に、日々邁進して参りたいと思います。
posted by ウエカレンジャー at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年06月11日

if ( Excel + 言語 == true ) return ( 引越し= 大成功 )

 試用期間も終わり実務を拝命し、日々まい進な最近です。そんな中、私事ですが先日、ささやかに引越しなどしてみました。しかしまさか、引越しに際しC言語を用いるとは、我ながら思いも寄らなかったです。
white.gif
 引越しとは部屋探しやら運送手配やらお金の計算やら、色々と手間がかかります。これらはそれぞれジャンルの異なる作業なくせに、互いに依存し合う関係なので、それらのマネジメント・タイムスケジュール管理など大変です。以前はこれらを手書きで行っていましたが、今回私は思い切って全てデジタル化してみました。全てをエクセルにまとめてみたのです。
 ワークシートの列には日付を、行には費用や手続きの有無など各作業項目を対応させました。いうまでも無く、非常に見やすく、編集しやすくて便利です。とまあ、ここまでなら専門知識は特に必要なく、普通にエクセルな感じです。しかし…
「せっかくプログラマに転職したんだし…何か、習得した技術を使ってみようかな」などと思い、データ処理に凝り始めてしまいました。家電を分割で買う際の、月々の返済額を定めた時、『ある月における返済残額をセルに表示させる。この時、一定額を下回っていればその表示部分に、金額ではなく“済”と表示せよ。』とか、まとめたデータを無駄にCSVファイルにして、来るべきプライベートデータベース時代に対応できるようにするとか…技術者試験でうる覚えなSQLや、入社以来鍛えてきたC言語を駆使し、意味も無く連日徹夜が続きました。お陰で荷造りがさっぱり進みません。更に、部屋を決めた後間取りを正確に調べ、それを我が社のCADWe'll Tf@S…では流石に申し訳なさ過ぎるので、イラストレーターに再現。家具家電など、屋内物品の配置の配置全てを、イラストレーター上でシミュレーションする始末。

さて、そんなハイテクな引越しはというと…大成功でした(笑)お金の流れから手続きの効率性、物品配置の労力に至るまで、全てが正確で、かつ楽に行えました。やっぱり、プログラマはハイスペックな、誇れる仕事だなと改めて思いました。

 …その分、準備にかかる時間はかなり増えたので、「じゃあどっちがトータルでお得なのか」には、残念ですがお答えできませんです(笑)皆さんも、是非1度お試し下さい☆
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年05月21日

祝☆戦隊ヒーローデビュー

 それは札幌が夏日を記録した先週GWの昼下がりのことでした。「ぁあぃにぃはぁ愛でぇ〜かぁんじいぃいあぁおぉうよお〜♪(携帯着うた・SAYYES)」「ん?電話だ…」「あ、ホワイトさんですか!?お久しぶりです〜!いやー、凄いですね、レッドですかあ!」「へ??」

 バーテンダー時代、私の後輩の一人に礼文島出身の若い男の子がいまして、彼から久々に電話をもらいました。レッド…赤? 何のことやらさっぱりな様子の私。しかしよくよく聞いていると、求人雑誌に掲載されているという。その名は、『CLUE』。おおおお、なるほど!
 先日、当サイトでもお知らせした北海道事業所の求人広告。その取材を私も受けていたのですが、撮影の際、撮影スタッフの方がおもむろにカラフルな色の布を持ち出し、私を含めた北海道事業所新進気鋭5人に次々と手渡したのです。
「ちょっとですね、それを首に巻いて頂いて、何かポーズをとって下さい」「…こんな感じでいいですか」「あ、もう少し横向きで。ボリューム感を出したいですね。ホワイトさんはレッドで真ん中ですから」
…なぜか、入社3ヶ月未満の私が戦隊物のヒーロー役「レッド」に扮して撮影に臨みました。
white_mahu.gif
 知己は誰も見ないだろうと高をくくっていたのですが…まさか後輩に見つかるとは…世間は狭いです(汗)

 …それにしても、ホワイトなのにレッドって。ホワイトがレッドでレッドがホワイト。ややこしやーぁややこしやあ

 試用期間が終わり、桜が咲き、レッド役で誌面デビュー。20代最後にして、不思議に活気づく、そんな春が私に訪れたようです☆
posted by ウエカレンジャー at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年05月14日

答え合わせは蜜の味

 洋の東西を問わず、私は甘いものが大好き。給料日の夜にはいつも、「1ヶ月間ご苦労様」のご褒美として自分にショートケーキをプレゼントする程。いずれグランドホテルのケーキバイキングも制覇するつもりで、日々お仕事に励んでおります。
white_cake.gif 
 先週、新人の登竜門?である基本情報技術者試験を受けてきました。入社間もなく、この業界の基礎知識の習得も兼ねてということで勉強してきました。が…試験範囲がなかなかのボリューム。そのわりに各分野についてちゃんと理解し、演習を繰り返していなければ得点できないという、まぐれ当たりのない内容に少なからず手こずりました。
 試験の数日後、解答がHP上に掲載されていたので早速自己採点をしてみました。
「…あれ、マークミスかな」「いや、ただのミスだ」「ミスっていうか、理解してないかな?」「うん」
この瞬間を録音していたらきっとかなり気持ち悪いというような独り言を呟きつつ、採点を終えました。
 いやはや、さすがに過去、センター試験対策で鍛え抜いただけあって、マークミス(=答えを正しく導いているのに選択肢を間違えた)は1つもありませんでした。1度積み重ねたものは、その人の確かな財産になるものなんですね。しかし正答率は、なんとも手応えの無いものでした。ううッ…たらーっ(汗)
white_ben.gif
 人より少し長く受験時代を送った私(浪人時代あり)は過去十分に悟っていますが、基本的に試験の結果というものはそれまでに費やした時間・労力に比例した内容が出力されるものです。よく「今回は実力を発揮できなかった」という言葉を耳にしますが、私に言わせれば、「自分がどんな状態であっても出せる力」が実力なのであって、自己ベストは決して実力ではないと思います。
 そんなこんなで今回、私は試験結果を受け、自分の準備の甘さを痛感しました。少々試験を侮っていた感が否めませんね。なにせ普段仕事で使っている、一番慣れている筈のプログラムで足元をすくわれていますからあせあせ(飛び散る汗)
今月末は、試験対策の甘さをまず味わってしまいました。甘いもの好きではありますが、こういうことには辛口でありたいですね。ふう…

新人教育も終わり、連休明けから実務を拝命できそうです。今回の試験、いろんな意味で良い経験となりましたので、今後のお仕事に活かしていきたいと思います。

追伸
本人後日談「今回は、久々の試験で調子が出なかったんですよね〜実力の6割くらいかな」
posted by ウエカレンジャー at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年04月23日

花よりカクテル

入社して、2ヵ月半が経ちました。札幌では昨日、観測史上最も早い桜の開花宣言が出され、いよいよはる本番といったところでしょうか。
white.gif
 そんな中、過去数回に渡りお伝えしてきた、私の新人最終課題が、遂に遂に完成いたしました。その名も『カクテルデータベースソフト〜カクテルな貴方に〜ver1.0』(希望小売価格5ユーロ)で総制作期間3週間。今しがた、札幌技術部の方々を前に製品お披露目会を終えた所です。
というわけで早速ですが、この課題の中身を、商品PRとして少しお伝えしたいと思いますw
 このソフトは、数多あるカクテルを、その写真・レシピ・エピソードなどの付加情報と共にデータベース化し、その情報に容易にアクセスすることを可能にしたものです。これにより、カクテル世界への興味をユーザーに呼び起こそう、というのが製作者である私の狙いであります。本ソフトは大きく分けて、既存の有名カクテルを調べる辞書的機能と、ユーザー自身が考えたカクテルを「オリジナルカクテル」として登録する機能があります。

start.jpg
でわでわ、プログラムを実行してみましょう。
まずはこのダイアログ(←)が起動します。


なお、今回のver1.0では「体験学習編」は割愛しています。

cddb.jpg

 本ソフトのメイン画面です(↑)。登録されたカクテルをここで検索・表示します。カクテルごとに味の評価やカクテルにまつわるエピソードや、レシピ・作り方・度数・酸味度・甘味度を表示します。これにより例えば甘いもの好きのユーザーは、「甘い順」ボタンを押して表示されたカクテルを2〜3個くらい覚えてからすすきのに繰り出し、バーへ行く→メニューを見ずに、覚えたカクテルを適当にオーダーする→店員さんに「珍しいカクテルをご存知なんですね。甘いものがお好みですか?」なんて聞かれ、ちょっとハイレベルな自分を演出しちゃったりできます。

photo.jpgそしてそして、ダイアログ中央の大きなボタンをクリックすると…そのカクテルの写真(←)が表示されるんです。

 知識と視覚的情報をおさえておくだけで、飲食店に行ったときにわくわくする…そんな体験を、ぜひとも味わっていただければ幸いです。
 調べるだけに飽きてきたら、そんな貴方はもうカクテルにハマっていくことでしょう。そうなったら、オリジナルカクテルを考え、実際に登録機能を使ってみてください。ちなみに私は大学1年の秋からカクテルにハマり出し、翌年春にはオリジナルを作っていましたw

…とまあ、前職の知識を使った製作をこのようにさせて頂き、どうにか形にすることができました。やっぱり、物作りは楽しいです。今回改めて感じました。前職ではカクテル、今はソフトウェア。共通するのは、お客様のために物を作り、提供し、喜んでもらうこと。この一連の流れが、私には心地良いのです。製作に協力して頂いた諸先輩方には、特に改めて感謝感謝です。この経験を、明日以降の実務に活かしていきたいと思います。

なお、本ソフトはバージョンアップ版を随時作成する予定です。最終的には、画面タッチパネル方式で選んだカクテルがポンっと目の前に出現するようなシステムにしようかと。どなたか、ドラえもんを紹介して下さい〜w

上記のソフトを万が一、ご使用になりたいといったお問い合わせがある時は、札幌技術部ホワイトまでご連絡下さい☆
posted by ウエカレンジャー at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年04月16日

光陰カクテルの如し

最終課題にとりかかり、3週間が過ぎようとしています。
white.gif

写真のような、ダイアログアプリベースでカクテルデータベースを作っていますが、なかなかに終わりません。どうしても、本物のカクテルを出せずに困っていますw
CocktailDlg.jpg

最近、にわかに身辺が忙しくなって参りました。少々いっぱいいっぱいかも…ww
今週末には基本情報技術者試験などもあったりしますので、来週、ゆっくりと製作裏話をしようとおもいつつ…目の前の課題を頑張ります☆
プログラムのテスト開始まで今日中に辿り着けるか…(あせあせ(飛び散る汗)
posted by ウエカレンジャー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
2008年04月09日

例えるなら、フルーツを絞り、材料を揃え終わったくらいでしょうか。

春です。桜です。雪解けです。
いよいよまたこの季節がやって参りました。
巷では新人歓迎の宴の帰りに酩酊した方々が、涼しげに雪山に首を突っ込む…そんなすがすがしい時期となりました。
white.gif

私も入社して、はやふた月半。最終課題のカクテルデータベースも、中盤をすぎました。
カクテル作りでいうなら、そのカクテルに必要な材料を全て揃え終わったあたりでしょうか。
これからいよいよ手元にある材料を「調合」する段階です。
如何に新鮮で高級な素材を揃えようと、全てはバランス。
入れすぎたり少なすぎたりすれば、たちまち出来は悪くなります。

次回のブログ執筆の頃には、ひと通り形になっているものと思われますので、ご期待下さい☆

追記
筆者談「なかなかねえ、画面タッチで本物の酒が出せないのよ。500ワットじゃ足りんのかのう」
posted by ウエカレンジャー at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員の成長日記>ホワイトの成長日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。