2009年03月17日

心霊現象シリーズ8

先日、何気にテレビつけたら、真冬だというのに、季節外れな心霊番組をやってた。
人一倍怖がりなくせに、ついつい見てしまうので、壁に頭を打ちつけたくなるほど後悔・・・。
この手の心霊番組を見ていると、心霊写真や心霊ビデオが重複したりするので、だんだんインパクトが薄くなってくるけど、やっぱり怖いよね。
ゴッ

前置きはさておき、またもや僕の恐怖体験をお話します。
前日から肩が重くて、どっかから連れて来ちゃったかな・・・とは思ってたんだよね。
その日は、障害調査に精を出してたんだけど、なぜか補助線が作図できなくなっちゃった。
作図位置を指定しても、まったく反応しない状態・・・。
あぁ、あぁああぁ、あぁぁぁぁぁぁ・・・。
悲痛な呻き声をあげていると、ブルーの突き刺すような視線が痛くなってきた。
これは致命的なバグ?かと、心霊よりも怖い減給覚悟でブルーに質問してみると、目が笑っていない笑顔で、「補助線の作図領域が設定されてるんじゃないかな」とのたまう。

[作図]−[補助線]−[領域設定]で領域解除すると、その後はスムーズに作図できるようになりました。
さらに補助線表示を非表示していると、図面内の補助線が一斉に非表示状態になるので注意が必要とのこと。
非表示状態でも作図はできるらしいので、作図したのに補助線が見えないときはチェックしてみよう。
posted by ウエカレンジャー at 09:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2008年10月30日

心霊現象シリーズ7

それは、あまりにも唐突な出来事でした。
僕には珍しく仕事が順調に進み、最終チェックの段階に入っていました。
どうしても縦断図の数値が一箇所気になり、ちょっと修正しようとしたら・・・
green_obake.gif
ウォー!!数値が修正できない!
レイヤは編集状態だし、シートも直接編集状態なのに。
xy_sheet_set.gif
何故だ。
何故修正できないのだ。
これはもう祟りとしか考えられない!!
ヒヤァー
僕が散々恐怖体験を味わっていると。
数分後、迷惑そうな顔をしてブルーが傍にやってきた。
そして一言「カレントシートになってないよ。
あれ?
XY異縮尺のシートは編集時にシートタブをクリックして、カレントシートに設定しないといけないんだった。
すっかり忘れてたよ。
ドンマイ自分。
posted by ウエカレンジャー at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2008年07月08日

心霊シリーズ外伝『キャンプ場の怪』

あれは僕が中学生の頃、野外学習で隣町のキャンプ場へ行った時のことです。
班毎にテントを張り、各班で自炊して、食後はお決まりのキャンプファイアー。
フォークギターを弾き語ることもなく、フォークダンスするわけでもなく、早々にお開きです。
田舎のキャンプ場なので外灯も少なく、夜は川に近づくと、なまら怒られパンチます。
グリーン
男女のテントの設置場所が線引きされていたので、男班のテント同士は自由に行き来できます。
当たり前のごとく、怪談好きなやつが必然と集まり、怪談話、いわゆる百物語がはじまります。
菓子と懐中電灯を持ち寄って、話が終わると懐中電灯を消していきます。
何人かは詳しいやつがいるので、ネタを持ってるやつが何回も話します。

そして全部の懐中電灯が消えた時・・・、一人が驚いた声をあげました。
そいつは青ざめた顔でテントの外に出て行きました。
「おい、驚かすなよ」「どうしたんだよ」と皆が口々にぼやくと、
「誰かがオレの背中叩いた・・・」
数人が横たわれるほどの狭いテントです。
円卓になって座っていたので、外から叩かれたと思い、確認しようと外に出たわけです。
でも外には誰もいませんでした。

あまりにも騒いでるので先生がやってきました。
事情を話すと、「毎年、そういうことがあるんだよな」とポツリ。
どうやらそのキャンプ場は、霊現象が起きることで有名らしく、怖い話をしていると霊が寄ってくるのか、何らかの怪現象が起こるそうです・・・。
川向こうに白い人影を見た女子もいたそうな・・・。
くわばら、くわばら。
green_atta.gif
posted by ウエカレンジャー at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2008年03月25日

心霊現象シリーズ6

ちょっと飲み過ぎて駅構内で朝を迎えたら確実に風邪をひく寒さから解放され、やっとお花見の企画(誘われてない)もチラホラ聞こえる季節になってきたのに…。
僕の身の回りには、冬将軍にも勝る冷気がまだ漂っています。
green_reiki.gif
それを実感したのは電子納品シーズンの為、電子納品用図面作成でバタバタしている時でした。
僕は配筋図を作成していて、線と線の間隔が狭く見ずらい図面になったので、図面縮尺を変更して見やすくしようとしたら身の毛もよだつ冷気を感じたのです。
ヒヤ〜あせあせ(飛び散る汗)
寸法線の数字が大きくなって、もっとゴチャゴチャなってしまった!
なんでーっ!?
肌を刺すような冷気を感じながら、ブルーを呼んで現象を見せたところ…。
ブルー曰く
「本当に君は成長しないなぁ。
寸法値は【出力時基準】と【実寸】の2種類存在することを知らないのかね?
おそらく、縮尺を変更して数字が大きくなったのは、【出力時基準】に設定していた為と考えられるね。
寸法値の設定方法は
  1. メニューバーの「作図」-「寸法線」-「設定」を選択します。
  2. 「寸法線設定」ダイアログが表示されるので、「寸法値設定」タブをクリックします。
  3. 「文字縮尺基準(R):」を「実寸」に変更します。
    sunnpousenn.gif
ちなみに、作図済み寸法値の設定を変更するには
  1. メニューバーの「作図」-「寸法線変更」-「変更」を選びます。
  2. 変更する寸法線を選択します。
  3. 「寸法線変更」ダイアログが表示されるので、「寸法値変更」タブをクリックします。
  4. 「文字縮尺基準(R):」を「実寸」に変更します。
これで理解できたかな?」


おーぅ。
寸法数値の大きさが変わらなくなった。
やれやれ、これで僕に憑依している霊の一つが浄化された気がするよ。
posted by ウエカレンジャー at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2008年03月04日

心霊現象シリーズ5

北日本を暴風雪が襲った中、さらに寒くなる怖いお話です。
やっぱり僕は霊媒体質のようです。
呼んでもいないのに、向こうから僕に寄ってくるんです。
もう、あの魔の手からは逃げられないのかもしれません・・・。

green_himei.gifアンビリバボー〜〜

つい先日のこと、原油高騰の煽りを受けたウォームビズと、誰もいなくなって寒々しいオフィス内で、
電子納品用の図面を作成していたときのことです。
CAD製図基準(案)に則り、レイヤ毎に名称・色・線幅を設定し、図面を作成していました。
ところが、ある時点で気付いてしまったのです……。
苦労して設定した線幅が無効になっていることを……。
ひぃぃぃぃ〜
その日は、ジェイミー・リー・カーティス並みの絶叫をあげて、一目散に逃げ帰りました。

翌日、ブルーに恐怖体験を話すと、「またか」という顔をされ、ショックを受けましたが、
ブルーが[表示]メニューの[線幅なし表示]前のチェックを外すと、いきなり線幅が表示されるようになりました。

menu-haba.gif

ありがたや、ありがたや。
みなさんも、このような心霊現象には、くれぐれも気をつけてくださいね。

posted by ウエカレンジャー at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2007年12月11日

心霊現象シリーズ4

こんにちは、最近、肩のあたりが重く感じるグリーンです。
green_torituki.gif
実は、僕は憑依体質だったのかもしれません。
というのは、またあの不可解と言いますか、不可思議といいますか、
殆ど超常現象としか言いようの無いことが起きたのです。

それは、新しいプロジェクトが立ち上がり、皆忙しく立ち回っているある日の出来事でした。
僕も測量データを元に道路の平面図をチマチマ作成していました。
そして、[IP法路線設定]ダイアログのR値をキーボードのテンキーからパチパチ入力していたそのときでした。
あれが、あれがキターッ!のです。

いくら数値を打ち込んでも、カーソルが上下左右に移動するだけで、数値を全然入力できないのです。
あれッ?
[IP法路線設定]ダイアログを一度閉じてもう一度・・・あれッ?

やっぱり駄目だぁー。
入力できない!!
ウォー、困ったぞぉ。


と騒ぎまくっていたら、ブルーが来て、
『うるさいなぁ。独り言が多いぞ』って言うから、
この現象を説明したところ、思いっきり笑いながら僕のキーボードにある『Num Lock』キーをぽちっと押してブルーは立ち去って行きました。
その後、もう一度R値を入力したら、あーら不思議、ちゃんと入力できました。
shin_4.gif
皆さんもくれぐれも『Num Lock』キーには気をつけてくださいね。
posted by ウエカレンジャー at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2007年11月22日

心霊現象シリーズ3

木枯らしの吹きまくる寒い季節になりましたが、もっと寒くなる話をしますね。
最近は、以前のような怖くて恐ろしいことが全然なかったんですが、この前キタんです。
何の前触れも無く、あの怖い・・・恐ろしい現象がぁ!
green_hito_kizetu.gif
あれは設計に間違いが見つかり、急遽図面の修正が必要になったので、休日を返上して作業に没頭していた時のことでした。
もちろん、休日なので、出社しているのは僕一人でした。
そういう時にかぎって、起きるんです。

それは、削除したい図形を領域選択で選択して、削除しようとしていたその時でした。
図形が選択できないんです。
あれ?
マウスを作図画面で削除対象図形の周りを2回クリック クリックしてみました。
でも、図形が選択されません。
選択領域がせまかったのかなぁ〜と思いもう一度、クリック クリック・・・
ギャー
やっぱりこのオフィッスは呪われている。
そうに違いない、と確信してその日は一目散に家に帰りました。

翌日の朝、ブルーに選択できない心霊現象のことを話したら、
『またレイヤーが非表示に設定されてたんじゃないの?』って言うから、
レイヤは編集状態になってたと反論したところ、
『じゃ、シートだ。図形があるシートのプロパティを確認してみたまえ。』と言われたので、
シートタブを右クリックして、[プロパティ]を選択して、
shin_3_1.gif
[シート変更]ダイアログの[表示状態]項目を見てみると、「表示」に設定されていました。
shin_3_2.gif
これを「編集」に設定すると、不思議なことに今まで削除できなかった図形がアッサリ削除できました。
みなさんも、このような心霊現象にはくれぐれも気をつけてくださいね。
posted by ウエカレンジャー at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2007年07月17日

心霊スポット

暑い暑い思っていたら、高気圧の影響で、沖縄よりも北海道の方が気温が高かった日もあったとか。
こう異常気象が続くと、地球温暖化を扱った米国元副大統領ゴア氏のドキュメンタリー映画「不都合な真実」を見たくなりますね。
アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞も受賞したということだし。
あぢぃー

さぁ、そんな暑さを吹き飛ばすためにも、心霊シリーズ外伝といきましょか。
ご多聞にもれず、北海道にも有名心霊スポットは存在する。
学生時代の納涼肝だめしといえば、そりゃー心霊スポットめぐりっしょ。(なぜか北海道弁)
若いっていうのはすごいもので、今考えればなぜあんなことにエネルギーを費やしたのか。

さて、道東には「雄別」という炭鉱跡地がある。(湧別という同音の町もあるのでご注意を……)
深夜、明かりもない曲がりくねった細い道をひたすら奥へ奥へと突き進んでいくと、
まるで誘われるかのごとく、やがて「雄別」へとたどりつく…。
今では住む人もなく、廃墟となったガソリンスタンドや映画館、病院が、いかにもという風情で佇んでいる。
他にお客もなく、草木が生い茂って荒涼とした「雄別」が無言で出迎えてくれた。
真っ暗で何も見えないので、車のヘッドライトの明かりを頼りに、わいわいがやがやと付近を散策。
しばらくすると、廃病院の窓越しに、オーブなのか、火の玉なのか…、 小さな明かりがチラチラと動いているのが見えた。

ドロローン

「うぎゃー」と一人が叫ぶと、連鎖反応のように皆がパニックに陥った。
車に戻り、集団ヒステリーが収まると、いろんな意味で寒ーい雰囲気に包まれる・・・。
今思えば、あの明かりは鹿の目か何かに違いない! 熊でなくて良かった……。(そっちかよ)

その「雄別」が、某心霊番組の「本当に怖い心霊スポットランキング」の1位になっていた。
どうりであれ以来肩が重いわけだ・・・。

良識のある人は、むやみやたらに心霊スポットに行くことはやめましょう。

posted by ウエカレンジャー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2007年07月03日

心霊現象シリーズ2

今日も身の毛もよだつ恐ろしい話をしますね。
green_atta.gif
本当は、僕霊感なんて全然ないんです。
身内にも霊感の強い人なんていないですし、
心霊スポットに行っても、何も見えないし、聞こえないんです。

でも、この前は違いました。
どちらかと言うと鈍感な僕でも、はっきり見たんです。
見たどころか、実感というか、体験したんです。

それは、重苦しい梅雨の時期がもうそろそろ終わりを告げている日でした。
小さいけれど重要なプロジェクトが終盤をむかえていました。
僕の受け持ち分が、予定より少しだけ遅れていたので、
遅れを取り戻そうと、夜遅くまで一人で図面を作成していました。

作業の効率化を図る為、元々ある図面の一部をコピーし、
それを修正して新たな図面を作成しようとしたその時でした!
[複写]-[通常]コマンドを実行しても、複写先の作図画面に何も表示されません。
もう一度同じように[複写]-[通常]コマンドを選択して複写を実行しても駄目でした。
『三度目の正直』って言葉があるくらいだから、
次はうまくコピーできるかな?っと思ってもう一度同じように操作しました。
でも、複写先の図面には・・・
ギャー!!

このオフィスが呪われていると思い、一目散に逃げました。

次の朝、ブルーに昨晩の心霊体験を話したところ、
『複写先のレイヤが非表示になってたんじゃないの?もしくは、シートが非表示とか。』
レイヤ?シート??
そんなことを言われたので、昨晩の図面を確認したところ、レイヤが非表示に設定されていました。
reiya.gif
みなさんも、このような心霊現象には、くれぐれも気をつけてくださいね。
posted by ウエカレンジャー at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
2007年06月05日

心霊現象シリーズ1

こんにちは、グリーンです。
季節は移り変わり、日々暑くなってきましたね。
そこで、僕が体験した、身の毛もよだつ奇々怪々な心霊現象をお話しますね。
green_hitodama.gif
それは、6月にしてはちょっと肌寒い日でした。
プロジェクトのFIXが近く、みんな深夜まで残業していました。
時間が経つにつれて一人また一人と退社していき、気が付くと社内には僕一人でした。
眠気を覚まそうと、給湯室にコーヒーをいれに行きました。
普段は飲まないような濃ーいブラックをいれて、マグカップ片手に席に戻ってきました。
さて、あともう一息で図面が完成するその時、事件は起こったのです。

あれは、[作図]メニューの[線分]-[連続線]コマンドだったと思います。
いくら、線を描こうとして、作図画面をクリックしても、さっぱり線が作図されないのです。
Oh!マイガァーッ!
疲労と、社内に一人しかいないという強迫観念で、僕はパニックに陥りました。
あまりの恐ろしさに、あわてて会社を飛び出し、家に逃げ帰りました。

翌日、ブルーに昨日の現象を話したら、
「スナップの設定が駄目なんじゃない?」っと言われました。
そこで、[設定]メニューの[スナップモード]コマンドを起動し、
表示された[スナップモード]ダイアログを見ると、
確かに[任意点]項目にチェックがされていませんでした。
snap.gif
[任意点]項目のチェックボックスをオンに設定したことで、事件は収束を迎えました。

みなさんも、このような心霊現象には、くれぐれも気をつけてくださいね。
posted by ウエカレンジャー at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | テクニカル情報>世にも奇怪な体験談
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。