2008年06月24日

超有名ラーメン店 『純連』

冒険心に溢れるおいらは、全国各地のインスタントラーメンを食せるという店を求めて札幌市南部に
赴いたのだけども、諸事情により、北海道を代表する超有名ラーメン店「純連(じゅんれん)」へ。
「純連」といえば、道産子ならずとも、ラーメン好きの人ならば遠方からでも一度は足を運ぶ、
ラーメン店の中でも群を抜いたお店なのだ。
「純連」で修行を積んだ店主さんの多くが、行列ができるお店として活躍してることも有名な話。

というわけで、店内の壁は、有名人のサインで覆われていたけど、正直ほとんど誰のか分からず・・・。
蛭子さんの漫画色紙が個性的で最高っす手(チョキ)

姉妹店の「すみれ」の味を想像していたんですけど、味は「すみれ」より若干マイルドかな?
スープの熱さと油の多さは通じるものがあり。
yellow_yakedo.gifあッぢぃ〜
          
写真を撮っている間にもスープの表面がみるみる油膜に覆われていくのだ。
油膜に覆われる分、湯気が立たないせいか、熱がこもって見事な温室効果、スープが冷めません。
一口目、麺をすする時は火傷に注意せよ! がっついちゃダメだよ。
熱〜いスープと、厚〜い油膜に浸かった太縮れ麺は、濃厚なスープがからまり、ハフハフしながらも味わい深く一気に食べれまっせ。
チャーシューは、味噌だけ細切れにされていましたが、脂分が少なく、ジューシー感はありません。

食後は、カロリー消費のためにも一駅分歩くとGood! そのためにも地下鉄で行こう。
根性で中の島まで歩いて、「すみれ」でもう一杯っつーのも乙かなぁ。→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

jyunren-miso.jpgjyunren-salt.jpgjyunren-syouyu.jpg
       味噌                 塩                 醤油
2008年06月18日

ホテルオークラ札幌の『フレンチトースト』

ち〜っす、イエローでっす。
今回はホテルオークラ札幌の『フレンチトースト』でっす。
イエロー

たまたまホテルのホームページを見ていて
その黄金色に輝く物体に目を奪われて、早速予約(要予約なのさ)。
限定3名というのにもそそられますよね〜。

ホテルオークラ東京で45年以上愛され続け、
元米国大統領(誰?)も絶賛された逸品だそうです。
自家製の卵液にじっくりと一晩浸けこみ、
注文を受けた後、低めのオーブンで全面に焼き色がつくまで
ふっくらと焼きあげるとのこと。

紅茶を飲みながら待つこと約20分、
黄金色に輝き、香ばしい香りを辺りに振りまきながら目の前に…。

まずは何もつけずに一口。
アツアツのとろとろ〜、パンの角の部分はカリッとして香ばしい。
ほんのり甘く、そのままでも十分という感じ。
メイプルシロップや蜂蜜をかけたりして、味を変えながら
最後まで十分堪能いたしました。→→にほんブログ村 グルメブログへ

FrenchToast2.JPG
コーヒー又は紅茶付き 1,575円
14:00〜17:00 3名限定(要予約)

フレンチトーストといえば、映画「クレイマー、クレイマー」でしょ!
2008年05月13日

元祖カレーラーメン『味の大王』

本日は趣向を変えて、元祖カレーラーメン「味の大王」を紹介しまっせ。
総本店は苫小牧だけど、『札幌らーめん共和国』内にもあり。
yellow_eplon.gif
カレーとラーメン好きなおいらには、たまらないコラボです。
ただ、スープのカレーにとろみがあるせいか冷めにくいのと、カレーの辛さが舌を刺激し、
口直しに注文したせっかくのホッキギョーザの味が分かり難くかったのが残念!
ギョーザは舌の味覚が残っているうちに食すことをオススメする。

スープのカレーが大量に残ってしまった場合、
胃に自信がある猛者は別途ライスを注文して、カレーライスにするのも二度楽しめると思う。

あと、紙エプロンが用意されているのが心憎いっ。
カレーうどんで白いワイシャツがッ!ってな失敗経験がおありの方も、安心してズルズルッと啜ろう!
それでも不安なレディは、汚れてもいい服を着ていこうね。→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
carry-ra.jpg
2008年04月10日

帯広ラーメン『寶來』

ちーっす、イエローッす。
雪はとけても肌寒い北国ではまだまだ温泉っす。(っすって敬語っすよね?)
で、世界に2つしかない!という帯広のモール温泉に行ってきました。
( 豆知識 : もうひとつはドイツのバーデンバーデンですってよ )
温泉でまったりしていただけじゃないぞ。
きちんと任務も果してきたぞ。
yellow_onsen.gif
行って来たのは、帯広の老舗ラーメン店『寶來(ほうらい)』。
午後の二時過ぎに行ったのに、店内は地元の常連客で賑わってたよ。
horai-door-s.JPG
食べたのは醤油ラーメン。
麺は、白くて太めのストレート麺で、
自家製麺かはわからないけど、かなり個性的だね。
スープは、昔ながらのあっさりした醤油という感じですね。
噂によれば、ここのスープは酸っぱいらしいんだけど、
あまりそういう感じはしなかったなぁ。
もちっとした太麺とスープのからみ具合が、ちと癖になりそうで美味かったっす。
horai-syoyu2-s.JPG
2月から50円値上がりしたらしいけど、
お店のおばさんはまだ慣れないらしく、値上げ前の値段を言っていました。
値上げしても、醤油が550円でしたけどね。→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2008年04月02日

らーめん屋『二郎』 パート2

ちーっす、イエローッす。
慶応大学近所の『二郎』にまた行ってしまいました。
イエロー
『二郎』のラーメンは何か癖になる味で、食べた次の日とその次の日少し胃の調子が悪くなるんだけど、それが治まった頃にまた食べたくなるんだよね。
不思議なラーメンだ。
『二郎』のラーメンには常習性があるのか?
謎だぁ〜。

今回オーダーしたのは、前回よりバージョンアップした「小豚(600円)」というメニュー。
「小豚」はチャーシューが通常の3倍(約6枚)で、麺は通常の量にしたら大食いのおいらでも途中でギブアップ。
90%は食べれたけど、残りの10%はベルトを緩めても、立ち上がって上下運動しても無理だったね。
案の定、次の日とその次の日は胃が重たく、油っこい物は控えたね。
次回はいつ食べにいこうかなぁ〜?→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
      小豚(600円)
jiro2.jpg
  見よ!この器からこぼれそうな量
2008年03月27日

『初代』 小樽ラーメン

やっぱ、飲み会のシメはラーメンっしょ、ってことで、ほろ酔い加減でラーメンの天地へ猛進・・・。
大通りから歩くこと5分強、すっかり行きつけとなった「札幌らーめん共和国」直行のエレベータに、
観光客に紛れて乗り込む。
えッ〜とメンツは・・・あっ、いつものウエカレンジャーメンバーでした。
ザッkousinn.gifザッ
雪の中を歩いたので、コース料理を一通りたいらげたあとだというのに、一人前はペロリといける
いい感じの腹具合。よしよし。
入った店は「初代」。
小樽にある本店は、地元では知らぬ者がない、おいしいと評判の行列ができる名店なのだ。
ネットで調べたら、「TVチャンピオンで2位」という全国区の実績もあり。

中太の縮れ麺に、ダシの効いた芳醇で濃厚なスープが、腹八分目にもかかわらず食欲をかきたてる。
箸を休めようものなら、あっという間に動物性の脂が膜を覆うので、一同無言で格闘。
こってりしてるのに胸がもたれず、とろーり、口の中でとろける大き目のチャーシューも絶品。
中性脂肪が・・・と気になる間もなく、鍋あとも雑炊でなくラーメンだったなと思いながら、一気にたいらげた至福のひと時。
らーめん共和国限定の新味噌も、甘辛い味噌がこってりとろりと口当たりがよいオススメ品。

さぁ、いい気分になったんで、飲みなおそうっか。→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

syodai_source.jpg syodai_miso.jpg
          醤油                      新味噌
2008年03月18日

ラーメン屋『なんつッ亭』

今回はあの超有名ラーメン店『なんつッ亭』です。
行ったのは本店(神奈川県秦野市)ではなく、品川店です。
イエロー
さすが『なんつッ亭』なのでやっぱり行列があり、美味そうな匂いと麺をすすっている音を聞きながら待つこと20分。
涎も床まで落ちそうになったその時に、やっと席が空いて座れたよ。

今回『なんつッ亭』でオーダーしたのは「らーめん(700円)」で卵(100円)をトッピングしようか迷ったけど、とりあえずナシにしました。
ただ、にんにくが無料だったので後先考えずオーダーしたところ、生のにんにくと搾り機が出てきたよ。
がぁっ、その時にラーメンも運ばれて来たので「麺が伸びてはいか〜ん!」っと慌てて皮を剥いて搾ったよ。
ラーメンの具は、もやし、ねぎ、のり、チャーシューで、チャーシューが程良く軟く激ウマだった。
麺は細麺のストレートで、スープとの相性はバッチリ。
スープがとんこつ系なのに、臭みが殆ど無く程よい濃厚さを醸し出していた。
特に表面に広がるマー油は絶品で、スープに香ばしさをプラス。
テーブルにある粒コショウをふりかけて食べると、香ばしさがより引き立つよ。→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

  『なんつッ亭』 らーめん(700円)
nantu.jpg
2008年02月07日

らーめん 三水

ちゅーっす。 イエローです。
今回は『ラーメン 三水』つくば店です。
イエロー

『ラーメン 三水』は秋葉原にもお店があるよ。
午前4時までお店が開いているので、飲んだ後でも余裕でラーメンが食べれるのが良いね。

今回食べたのは、もやしラーメンで600円だったよ。
麺は細麺のちぢれ麺で、コシがあっておいらの一番好きなタイプだ。
スープは豚骨系の出汁で背油が表面に浮いているからコッテリ感を予想するが、食べてみると以外にアッサリしていて、まさにコッサリだね。
細麺とスープの相性はまさにバッチグー(死語?)。
具はもやし、ネギ、卵(半分)、チャーシュー、海苔が入っていて、物足りない人は中盛を無料でオーダーできるよ。
具の中で一番美味しかったのは、チャーシューかな。→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


      もやしラーメン(普通盛)
sansui.jpg
2008年01月29日

汐留ラーメン

今回は、寒い北海道を飛び出し、日テレタワーのイルミネーションを堪能しつつ、「汐留ラーメン」へ。
shiodome1.gif shiodome2.gif

今ではいろいろなメニューがありますが、開店当初のメニューがこの「汐留ラーメン」だったかな?
味はとにかくダシが濃厚に効いたしょうゆ系。
ラードが入っていてこってりしてるけど、くどくはない。
スープに軽いとろみを感じるのはコンブかなぁ。
あと、サクラエビか何かエビ系のダシが入ってると思われる。ニヤッ
焦がしたネギで香ばしさを出しつつ、野沢菜の茎が入っていてさっぱり感もあり。
麺はストレートの太麺で、道産子が見ると一瞬「伸びてるのか?」(北海道は太縮れ麺が基本なので)と思っちゃうけど、もちろん伸びてはいません。
スープが濃厚なのは、太い麺と一緒に食べるとちょうど良い濃さになるからだと思う。
shiodome3.jpg


翌日、ズームインサタデーに出演していた「ドリーム☆アゲイン」の演者の皆さんを発見!!
最近、第二子が誕生したという反町隆史さんは素敵だったぞ。
とても満喫した出張だったよ。→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2008年01月24日

ラーメン屋『二郎』

ちーっす、イエローッす。
今回は慶応大学のすぐそばにある、ラーメン屋『二郎』だよ。
イエロー
ここ『二郎』ラーメンの特徴はとにかく量が多い。
ひたすら多い。
ラーメンどんぶりから山盛りになっている野菜の山を切りくずしながら食べていると、自分がギャル曽根になったような気分を味わえること間違いなし。

麺は特徴のある手打ち麺で、ラーメンの麺と言うより、きし麺のちょっと細い感じというイメージが近い気がする。
通常でもコシがかなりあるが、お好みで硬めをオーダーできる。

麺や茹でたキャベツともやしも量が多いが、極めつけはチャーシューの大きさ。
1cmくらいの厚みに加え、2枚も乗ってきます。
スープは醤油味のコッテリで、ウーロン茶を持ち込みで飲みながら食べている人が多かったよ。
こんなに大量に食べてもたったの500円だから驚き。

昼頃に行くと、常時15人前後の行列ができており、食べれるまで30分くらいは待たされることを覚悟して行った方が良いよ。

あと、店の裏口から学生さんが鍋を抱えてラーメンをオーダーしていて、よく見ると1,000円で4人前くらいの量を鍋に入れてもらってたよ。
お持ち帰りもできるようだ。→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

jiro.jpg
       麺少なめ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。