2011年12月21日

名古屋めし 番外編

「名古屋めし探索の旅」では、あんスパの他にひつまぶし、手羽先などなど
調査することができたんだけど…まだまだ、食べたりな〜い!

というわけで、中部国際空港のショップで以下のものを購入しました。

まずは、名古屋名物「台湾ラーメン」。(そもそも名古屋名物の台湾ってナニ?)
空港には台湾ラーメンのお店「味仙」があるんだけど、なにせオイラのスケジュールは秒刻みの忙しさ!
お店で食べる時間がなかったので、寿がきやさんのお世話になりました。

台湾ラーメン

「辛!辛!辛!ファイヤー!」
台南の担仔麺が起源らしいけど、なんでここまで辛くなったんでしょうね〜。

次は、「あんスパセット」。
茹でてあるソフト麺が入っているので、
野菜やウィンナーなど好きな具在を炒めて混ぜるだけで、あのあんスパが完成!

あんかけスパ

これ、手軽で美味しかったです。

オマケは「味噌煮込みうどん」
近所のスーパーでご当地カップラーメン祭りをやっていたので買ってみました。
名古屋人によれば、味噌煮込みは他の名古屋めしに比べてハードルが高いとか。

みそ煮込みうどん

で、マルちゃんの味噌煮込みは…やさしいお味でした。
スープも色は濃いけどあっさりしていて、最後までくどくなることはありませんでした。

名古屋めし、再び堪能、満足満足。極楽イエロー
2011年11月10日

ブラボ〜 名古屋めし!

ちぃーっす。
近頃、食への情熱が薄れ、日々平々凡々な食事をしていたイエローでっす。
そ〜んな、オイラに「名古屋に飛んで地元グルメを探れ!」という指令が…。

名古屋といえば、ドアラ、板東英二についで(!?)
今や名古屋めしが有名ですね。

ひつまぶし、味噌煮込みうどん、手羽先、味噌かつ、小倉トースト…
などなど、あげるときりがないほどの充実ぶり!

そんな中、オイラは未体験ゾーンのあんスパに挑戦してきました。
あんスパとは、あんかけスパゲティの略で、名古屋ではこれで通じるみたい。

行ったのは、名古屋の中心部、栄にある「スパゲッティハウスチャオ 栄町ビル店」。
実は、前日のランチでもチャレンジしたんだけど、
あまりの行列(←ほとんどがサラリーマン)にすごすごと退散…
で、翌日にリベンジを果たしたというわけなのだ。

オイラが頼んだのは、お店イチオシっぽい「ミラカン」というもの。
見た目は、思いっきりトマトソースベースのパスタなのですが…。"


あんスパ
手前が「ミラカン」 その奥が「ポパイ」

「ん???」
ナポリタンをどろりとさせた感じ?
デミグラスソースに醤油を混ぜて胡椒を利かせてどろりとさせた感じ?
麺は太めでしっかり茹でてあって、アルデンテではまったくないけど
意外とコシのある…うどん!?

なんとも表現しにくいのですが、
太くてぶよっとした麺とあんかけソースが絶妙のコンビネーションで
これは、ちょっとクセになる味かもしれない!

名古屋めし ブラボ〜clapping_21.gif
2011年09月14日

てつや

らーめんてつやと言えば、北海道ではカップ麺にもなるほどの人気店。
とにもかくにも“らーめん”というわけで、国道36号線沿いにある美園店に行ってきた。
平日の夜ということもあり、特に行列することもなく、カウンター席に着席。
匂いに誘われるイエロー

お店のオススメはしょうゆ味。
そこで限定メニューの和風とんこつ正油味と味噌らーめんを注文。
オプションでトッピングもできますが、別料金のため断念・・。
人気店の特徴ですが、活気ある店員さんとは裏腹に、無言でひたすら食べ続けちゃいました。

■和風とんこつ正油 三代目「てつや正油」〜匠〜
麺はコシのあるちぢれ麺で、割と固ゆで。
魚介系のダシとにんにくが効いていて、正油味にしては濃厚。こってり系を好む人には堪らないでしょー。
てつや醤油

■味噌ラーメン
見た目は濃厚だけれど、塩っぱくはなく、逆に甘さを感じる独特のスープでした。
塩気の無さが、後半戦の飽きにつながった感あり。
チャーシューは柔らかで美味しゅうございました。
てつや味噌

でもおいらも歳かなぁ、さすがに胃が重たい・・
2011年08月24日

つけ麺「ほそ川」

エコイエロー北海道技術部では、節電対策の一環で、クーラーもエレベーターも自粛中。
そんなわけで、夏バテ対策にと、つけ麺を食べに行ってきました。
札幌市中央区南8条西6丁目、市電通り沿いにある「ほそ川」さん。
細川たかしのお姉さんのお店だそうです。

■普通のつけ麺(しょうゆ味)
タレは温かく、濃厚。らーめんスープとは異なり、割と大人な味かも。(これが巷では普通なのか?)
角切りチャーシューはトロッとしてました。
普通のつけ麺

■味噌ダレつけ麺(水餃子入り150円増)
タレは、こくと甘みが融合して、見た目よりもマイルドで好みの味でした。
水餃子は…普通の餃子を投入しただけという感じで、
餃子評論家のオイラを唸らせる味ではなかったなぁ。
味噌ダレつけ麺

しかし、つけ麺二度目にしてもまだ、
「なぜ麺をスープにつけて食べるのか!?」
という疑問に対する答えは見つからず、夜も眠れないオイラなのであった…zzz
2011年06月01日

横浜・中華街展

食べることは生きること。
食通を自負するおいらは、札幌の老舗百貨店「丸井今井」で催された「横浜・中華街展」に、吸い寄せられるように行ってまいりました。
エレベーターを降りた瞬間から、香ばしい匂いがすきっ腹のおいらを誘惑し、ふらふらと試食に手を伸ばしてしまった・・。が、ここで手当たり次第試食してしまったら、目的とするイートインで、底なしに食べれないと思い当たり、手を止めて、イートインへ直行。
イートイン会場で食券を買って、席について目的のブツが目の前に出てくるのを待つ・・。

【廣東飯店 海鮮焼そば】
色とりどりの食材で見た目からも食欲がそそられる一品。
北海道では見慣れない細麺には驚いたが、ホタテ、カニ、エビ、イカなどの海の幸がふんだんに堪能できて贅沢な味でした。光沢のあるぷりっぷりのホタテが眩かった。
海鮮焼きそば

【廣東飯店 五目焼そば】
北海道では珍しいパリっとした細固麺と、トロっとした餡が融合して絶妙な食感!
五目焼きそば

【焼き小龍包(店名は覚えてない)】
関東圏では大流行という焼き小龍包を初体験!
あっつあつで、肉汁がたっぷりで、大人気というのもうなずけます。
焼き小龍包

極楽イエロー  満足じゃぁ〜
2011年05月11日

ダイニング フーズ・フーズ(WHOSE FOODS)

本日紹介するのは、札幌市中央区南2条西8丁目にあるホテルレオパレス札幌内のレストラン、
「ダイニング フーズ・フーズ(WHOSE FOODS)」

たまにはコジャレたランチが食べたいなっと、ダイテック札幌ビルに近いこのホテルに潜入。
シーズンオフということもあり、閑散としていて、お忍びのおいらにはナイス。
003_yellow.gif

このレストランは、手が込んだおいしい料理を割りとリーズナブルで提供してくれるのが嬉しいのだ。

■ムール貝と菜の花のパスタ
moolshell.jpg

■地中海野菜とベーコンのパスタ
yasai.jpg

パスタに、スープとサラダとパンがついて、なんと800円!!
ホテル料理なので、季節に合わせてメニューが変わるのも最高だね。
シーズンオフの土曜出勤の日には、絶好の穴場なんだよ。
2011年02月09日

旬地旬鮮「海と大地」

新鮮な道産食材が味わえる「海と大地」に行ってきました。
ドラクエのタイトルみたいな店名ですが、まさにアドベンチャーワールドでしたよ。
おいらが堪能したのは、「きんきと真鱈の海鮮鍋コース」

掘りごたつの個室は、清潔感があってモダン。
まずは飲み物を注文して、お通し代わりの前菜からスタート。

続いて登場した、第一の目玉料理、「鮮魚のお造り五点姿盛り」
贅沢なお頭付き。お前は誰ぞ。
鮮度のいいお刺身は、食通のおいらを唸らせる。ブリブリたい
鮮魚のお造り五点姿盛り

本日のメインディッシュは、「きんきと真鱈の海鮮鍋」
きんきは下の方に小ぢんまりと鎮座しておりました。冬はやっぱり鍋やねぇ〜
きんきと真鱈の海鮮鍋

ボリューム満点の「道産豚の角セイロ蒸し」
鍋のあとにこのボリュームは反則でしょー。ブヒーッ
道産豚の角セイロ蒸し

その他にも「帆立貝の炙り焼き」やら「鯖の松前寿司」で舌鼓。
帆立貝の炙り焼き鯖の松前寿司

ラストは「林檎のシャーベット」でお口直ししてお時間いっぱいにつき退場。
極楽イエロー 満腹、満足
2011年01月26日

ランチバイキング

ちーっす。久しぶりに小樽に行ってきました。
主目的はやっぱりお寿司だったんだけど、
意外によかったホテルのランチバイキングを紹介しよう。

場所は、小樽築港のウイングベイ小樽内にある「グランドパーク小樽」。
以前は「ヒルトン小樽」だったと思うんだけど、
いつのまにやら「グランドパーク小樽」というホテルに変わっていたのですねー。

なにやら近頃は札幌でもホテルのランチバイキングが熱い!そうで、
完全に乗り遅れているオイラは、やる気バッチバチでっす。

さぁさぁ、食べるぞー!
ん?バイキングに慣れたご様子の奥様集団は、まずデザートに突進しておりますっ!
負けるわけにはいかない!
でも、甘いものがそんなに得意ではないオイラは戦わずして…。
グランドパーク2006_yellow.gif

この「グランドパーク小樽」は、シンガポール系だそうで、
並んでいる料理は中華料理やスパイシーな料理なども盛りだくさん。
オープンキッチンでシェフが作っていて、バイキングでも出来立て熱々のお料理が出てきます。

ふっと、お隣のテーブルを見ると、先ほどの奥様集団、デザートには手をつけず、お食事中。
なるほど、デザートが品薄になる前にキープしときましょ、ってことだったんですね。
さすがです。
グランドパーク1

あー、バイキングって意気込んだほど食べられないんだよね〜。
1500円の元が取れたかどうかは別として、
海を眺めながら、ゆったり食事が出来たのでとても満足でした〜。

「グランドパーク小樽 テラス ブラッセリー」ランチブッフェ
★平日 11:30〜14:00 1300円
★土日祝日 11:30〜16:00 1500円
2010年10月27日

自然派ラーメン処『麻ほろ』

いつもなら毎年恒例「さっぽろオータムフェスト2010」を紹介するところだけど、繰り返しでは芸がないので、大通り会場から札幌駅直結のステラプレイス内へとドロンッ!
いつの間にやら、オープンしていた自然派ラーメン処『麻ほろ』へと瞬間移動しちゃいました。
『麻ほろ』といえば、小樽の本店は行列ができるほどの人気店だとか。
自然派というのは、化学調味料を一切使わず、天然だしで素材の旨みを活かすという意味で、おいらの食欲をそそる語彙だね。

さて、早速店員さんにオススメメニューを聞いてみると、屋台らーめんの味を復刻したという昔懐かしい「小樽らーめん」が一押しとのこと。
しかし、へそ曲がりなおいらはすかさず、「こってり塩」と「あっさり醤油」を注文。
こってり塩
↑ 「こってり塩」
「こってり」はとんこつベースの、脂の照りもまぶしいスープ
脂たっぷりだけど、とんこつ特有の臭みもなく意外とあっさり系。
細麺なのでサラサラと食べれ、魚介系のだしと相まって後味も悪くないです。

あっさり醤油006_yellow.gif
↑ 「あっさり醤油」
「あっさり」は鶏ガラベースの透明な黄金スープ。
化学調味料なしでも、十分に深い味わいがあって、
あっさりしているけれど、物足りなさは全く感じない一品でした。
でも、行列するほどか…??→→にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2010年10月20日

堂島ロール

あの話題の堂島ロールが北海道に上陸していたなんてー!!
全く知らなかったよー!

そのお店「モンシュシュ」は
円山の住宅街のなかにひっそりとありました。
6月の開店当初は行列まで出来ていたそうですけど、
オイラが行った頃は数ヵ月後の夕方だったせいか、
お客さんは誰もいませんでした…。

で、堂島ロールはと…

堂島ロール 006_yellow.gif

普通のロールケーキはうずまきになっていると思うけど、
堂島ロールは真ん中にたっぷりとクリームが入っていて
その周りだけにスポンジがある感じで、
オイラみたいな皮愛好家にはちょっと物足りないかな。
でも、クリームはふわっふわっして、スポンジはしっとりして
まぁ、おいしかったですわ。

堂島ロールのほかに、フルーツの入ったシンデレラロールや
チョコレートのプリンスロール(ネーミングがちょっと赤面)
というのもあるらしいので、次回はそれも試してみたいものです。→→にほんブログ村 グルメブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。