2012年07月26日

あおぞら銭函3丁め

イエローオイラ餃子にはチトうるさい。
天気がよかったので、ちょいと遠くまで餃子食べに行ってみた。
遠くといっても、札幌の隣、小樽銭函。
餃子界では有名な「あおぞら銭函3丁め」さんでっす。

あおぞら銭函3丁め外観

着いたのが2時近くだったにもかかわらず、数組が待っている状態。
行列になれていないオイラは後ずさりしてしまったが、ここまで来て帰るわけには行かない!
15分くらい待って、小あがりに案内された。
店内は広く、小あがりとテーブル席で4、50人くらいは入れる感じ。

注文したのは、
ジャンボ餃子
「ジャンボ餃子 600円」「塩麹蒸豚中華ちまき 450円」「地黄玉子 100円」
青シソ入りの水餃子
「青シソ入りの水餃子 580円」

看板メニューの「ジャンボ餃子」は、キャベツがメインのジューシーな餡を
もっちもちの皮で包んだ食べ応えのある大きさ。
餡にしっかり味がついているので、酢だけでも十分おいしい。
行列するのもうなずける。

オイラが気に入ったのは、「青シソ入りの水餃子」。
ごま油ベースのタレにつけて頂く。
このゴマだれが青シソ風味の水餃子と見事にマッチして、美味しさを引き立てていた。

オイラはいろいろ食べたかったので単品で注文したけど、お客さんの大半は、定食を頼んでたね。
「ジャンボ餃子定食」は、一般には大盛りと呼ぶであろう普通盛りのご飯とお味噌汁、漬物がセットで830円。
他にも「ミックスフライ定食」など定食メニューも豊富だ。

餃子はもちろん美味しかったんだけど、
「杏仁豆腐」が木綿豆腐のようなしっかりした食感で、また絶品だったね!。
次回は他のデザートも試したくなる程のクオリティの高さだ。
杏仁豆腐
「杏仁豆腐 400円」「プーアール茶 600円」


住所 小樽市銭函3丁目509-6
営業時間 11:00〜20:00(餃子売り切れ次第終了)
定休日 月曜日
2012年06月08日

レストラン ハラペコ

012yellow.gifオイラ、時々バスに乗るんだけど、そのバスでいつも
「信州名物 山賊揚げで評判のお店 ハラペコへは次のバス停が便利です♪」
という車内放送が流れるんだ。

で、ずーっと「山賊揚げってなんだ?」とモヤモヤとしていたので、
解決に行ってきました。

お店は国道36号線からちょっと入ったところ、
中央バス「豊平3条8丁目」のバス停から徒歩2、3分の所にありました。
信州名物 山賊揚げ店内

看板メニューの「山賊揚げ」以外にも
ハンバーグやオムライスなど洋食メニューがたくさんあって迷ったけど、
やはりここは「山賊揚げセット」で初期貫徹!
(隣のテーブルの人が食べていた巨大オムライスがすごく気になったんだけどぉ…)

マスターに「信州出身なんですか?」と聞いたみたら、
信州出身ではないけれど、とあるところで食べた山賊揚げがとても気に入って、
研究に研究を重ねて今の味にたどり着いたとのこと。
(山賊揚げの名前の由来も聞いたけど、忘れちゃった…)

その「山賊揚げ」は、鶏肉をじっくり揚げたもので、
外側がカリッとして、お肉はとてもやわらかくてジューシーでした。
お肉のサイズがS、M、Lとあって、Mでも十分大きかったわぁ。
信州名物 山賊揚げ

キャベツのサラダ、ご飯、コーヒーなどはお変わり自由で
それで780円はとてもお得感満載で満足でした〜。

ハラペコ(Harapeco)
札幌市豊平区豊平三条7-2-1 エクセレントハウス1F
営業時間 11:30〜15:00
18:00〜21:00(LO20:30)
定休日 日曜、祝日

2012年05月16日

フカヒレスープチャーハン

札幌市内の老舗百貨店、丸井今井創業140周年記念の「横浜・中華街展」に登場した「状元樓(じょうげんろう)」のフカヒレスープチャーハン。

ドーナツ状のチャーハンに、フカヒレがふんだんに盛られた豪勢なチャーハン。
物産展のイートインコーナーなので、値段の割りに量は少なめかなぁと思ったけど、結構な盛りでしたよ。出掛けに、たこ焼きを食べなきゃ良かった、、、

柔らかめのチャーハンを、周囲のスープと中央のフカヒレと絡めながら食べるのだけど、濃厚なスープと、ふんわりした卵があいまって、とっても贅沢なおいしさ。
チャーハンがスープを吸収しちゃうので、もうちょっとスープの量があると嬉しいなぁ。
フカヒレチャーハン

極楽イエローさて、満腹過ぎて身動きするのも億劫になったので、階下のカフェで食後の休憩。
世間じゃ、東京スカイツリーの開業が近づき盛り上がりムードですが、
うららかな札幌のテレビ塔を眺めながら、まったりと休日を過ごすセレブなおいらなのでした。
札幌テレビ塔
2012年04月26日

鉄鍋うどん 詩仙洞

ちーっす

月に約1回ほどある土曜出勤の日に、食通ホワイトの薦める謎のうどん屋に一緒に行ってみたよ。

「味はピカイチだけど、とりあえず雰囲気にビックリするよ」と聞いていたので、どんな所かと身構えて行って見ると、なんとメニューもなければ聞かれもしない(笑)

座って待つこと十数分、出てきたのはアツアツの鉄鍋に入った野菜たっぷり肉うどん。

鉄鍋うどんイエロー感激

生卵はおかわり自由、支払いも勝手に置いてつり銭持って行ってという感じのセルフ、お水やら器やらは常連さんが親切に用意してくれるなど、独特の雰囲気にビックリしつつも、きれいに完食!

新鮮なゴボウとニンジンの旨みが効いた、心も体もほっこりする隠れ家的名店だったね☆

鉄鍋うどん 詩仙洞

ほっこりついでに、ダイテックは4月28日より大型連休に入ります。
WebCADD.comサイトは年中無休ですが、メールサポートの方は5月7日から順次回答となりますのでご了承ください。
2012年04月11日

幻のいちご大福

みなさん、早起きは好きですか?好きだという人はそう多くはないと思いますが、早起きしてでも手に入れたい、そんな和菓子を売っているお店が札幌にあります。

お店の名前は「かど丸餅店」。昭和15年創業で今にもつぶれそうな年季の入った木造家屋にひっそりと店を構えています。
開店前のお店

がしかし、春のある時期になると早朝ここに行列ができるのです。みんなのお目当ては期間限定、数量限定の「いちご大福」。一日400個、一人10個まで。これに限っては予約は不可とのことです(他の商品は予約可)。
だからみんなこの大福食べたさに毎朝行列が出来るのです。テレビで紹介された後なんかはそりゃもう大変なことになるそうです。お店のある1ブロックを行列が埋め尽くすこともあるとか。
行列

早朝のお餅屋さんに、しかもセールでもバーゲンでもないのに行列ができるって一体どんないちご大福なんでしょう。ということで私もこの行列に並んでみようと思い立ちました。

土日は混むらしいということで、平日の開店30分前、AM5:30を目指してお店へGO! お店の場所はお世辞にも交通の便が良いとは言えない場所にある上、札幌市の地下鉄は始発がお店の開店時間と同じAM6:00なため、車で行きます。
車の行列

4月に入っても朝の気温が氷点下の札幌、こんな寒い時期、こんな時間に開店前から並ぶような物好きはそうそういる・・・・・いました。

この時間に行っても私は先頭から13人目。上には上がいる。厚着をしていたものの開店までの30分間凍えながらひたすらその時を待ちます。

AM6:00ガラガラ〜ッというシャッターの音と共に開店です。5〜6人も入れば満員の店内に人々が徐々に吸い込まれていきます。ショーケースには大福や桜餅、串団子などなどがずらりと並んでいます。もちろんいちご大福も。
お店店内

皆さんいろいろ頼んでいますが、やはりいちご大福を頼まない人はいません。今回わたしはいちご大福と串団子を買ってみました。
いちご大福イエロー感激
だんご3兄弟

結局この日は開店前に30人ほどの列が出来ていたので、いちご大福が売り切れるのも時間の問題だったと思われます。普段は早ければAM9:00か10:00には完売で閉店するそうで。

そしてこの大福の何がすごいって香りなんです。買ったパッケージからどんどん湧き出てくるイチゴの香り。これだけで食欲を掻き立てられます。真っ赤な皮はイチゴが練りこまれているそうで、口にした瞬間もっちりとした食感があります。さすがお餅屋さん。

次に特大いちごのジューシーな果汁が口の中に広がります。そしてしっかりと濾されたあんの味と混ざり合い独特の味わいがあります。あんは程よい甘さで後味を残しません。やはり行列ができるだけのことはあるいちご大福でした。


札幌市東区北17条東8丁目
営業時間 6:00〜売切れ次第閉店(午前中が多い)
定休日 木曜日
2012年04月04日

龍髭糖

イエロー春も近いっすね。
北海道でも雪が残っているのに、ダウンコートを着る人がいなくなりました。
でも突然寒くなったりするので、クリーニングに出すタイミングが難しいっす。

さて、今日は同僚が香港土産に購入してきてくれた変わったお菓子「龍髭糖(ロンソートン)」を紹介したいと思います。
写真では分かり難いですが、龍の髭を模した、麦芽糖を細く糸のように伸ばしてピーナッツやら胡麻などを包んだ繭のようなお菓子です。
龍髭糖

白い髭部分は水飴状に、口の中に入れると意外と柔らかく溶けていきます。
でも歯ごたえはサクッとしてて、なんとも不思議な食感です。
おいらは初めて見たけど、中国では伝統的なお菓子らしいです。
甘いもん好きには堪らない一品でっせ。
2012年02月29日

幻のラーメン屋 らあめん空品

ちーっす、イエローっす。
今回は、幻のラーメン屋 らあめん空品(クーピン) です。
どのへんが幻かというと、オープンしているのが週1日(日曜日)で、しかも11:00〜15:00までのたった4時間!
匂いに誘われるイエロー
店主はサラリーマンらしく、平日は企業にお勤めしていて日曜日だけオープンしているようです。
スゴイわ。殆ど休み無しで仕事してるってことなんだろうなぁー。

お店の住所は、『茨城県つくば市高見原2-10-1』
おいらが行った午後1時くらいには8人ほどの行列ができていて、席が6個しかないから寒空の中30分くらい待ってやっと店に入れたよ。

芯まで冷え切っている体で店内に入ると、蒸気がほど良い感じで顔や手足をホッコリ温めてくれる。
メニューはラーメン大・中・小のみでそれぞれ麺の量が違うだけ。
らあめん空品
ちなみにおいらの食べたは、麺200グラムの600円。
本来のおいらなら迷わずを頼むところなんだけど、二郎インスパイアー系と聞いていたので、今回は試しにで。
味は、とんこつ醤油で見た目と違いかなりアッサリ。
お年寄りやお子様にも優しいお味。
ただ、もやしとキャベツのゆで野菜は、本家同様てんこ盛りされていて、ボリュームたっぷり。
チャーシューも本家ほどではないけれど、1cm以上の厚みがあり、箸で簡単にホロホロくずれるくらい柔らかくてジューシー。
麺は二郎より少し細めで食べやすい。
半熟タマゴも入っていて、スープまで飲めばでも十分満足♪。
テーブルには、大蒜・唐辛子・醤油タレがあるから、途中で味を変えたい場合は調味料の追加をお勧めするよ。
特に大蒜をいれると、ニア二郎だね。
来店するときは、必ずツイッターで開店の有無を確認したほうが良いよ。
健闘を祈る。
2012年02月08日

名古屋めし 朝食編

ちぃーっす。
正月太りから復帰できず、重いからだを引きずるように毎日出社しているイエローっす。
そ〜んな、オイラに「名古屋に飛んで地元グルメを探れ!」という指令がきてもう数ヶ月。
今回は、すっかり忘れていた喫茶モーニングの調査報告です。
ターゲットはもちろん、最強モーニング説が飛び交い、もはやレジェンドと化した名店中の名店『コメダ珈琲店』。

名古屋の朝は、東京都内とは比べ物にならないくらい建物がくっきり見える大気の透明感。
おいしい空気と秋晴れの程よい日光がオイラの腹時計を激しく鳴らす午前8時。
名古屋市中区錦にある『コメダ珈琲店』に入ると、満席か?と思うほどお客さんが入っていて
かろうじて見つけた空席に座り、メニューを吟味すると、目に飛び込んでくるドリンク料金のみでトーストとゆで玉子が付きます!』の文字。

レモンティー(380円)とミニサラダ(200円)をオーダーして、出てきたのは半分にカットされた厚切りのトースト黒ハート
イエロー感激
名古屋モーニング
↑写真は二人分
トーストの絶妙な食感(中ふわ外パリ)とゆで玉子の美味しさは、ドリンクのおまけとは思えない。

名古屋に行ったらまたモーニングしようっと・・・。
っと、ホームページ検索したら、東京にも進出しってるわぁ。びっくりこいたぁ。
2012年01月25日

パスタドノール

570円のサラダ食べ放題付きハンバーグランチが売りだった、サラリーマンの聖地「ステーキ&ハンバーグ10」が閉店して半年。新たにオープンした生パスタ専門のお店「PASTA de' Nord」に行ってきたZ。
場所は札幌市中央区の狸小路7丁目の真ん中付近。

パスタ専門店と思いきや、ランチメニューにもハンバーグがあり、室内の内装は前店とほぼ変わらず。
ボリュームが売りだった前店に比べると、ハンバーグはグラム数が固定され、エコサイズになりました。
これに、ライスとスープ、サラダとドリンクがついたハンバーグセットは790円。
ハンバーグ
歯ごたえしっかりの本格派で、150gと小ぶりですが、女性はちょうどいい感じかな。
ちなみに、200gだと、890円になります。

とりあえず、生パスタ専門店ということで、パン、サラダ、ドリンク付きのきのこのバジルパスタのランチセットにも挑戦! ランチとしては強気の値段設定980円。
パスタは麺の太さが選べるので、今回は中太麺にしてみました。
バジルパスタ
生パスタということで、麺を堪能するべきなんだろうけど、市販の芯があるパスタ麺に慣れているせいか、軟らかい印象を受けました。でももっちりした歯ごたえで、これが生パスタかと体感。
ランチ通いは厳しいですけど、夜の宴会やデートには使えそうですよ。
イエロー感謝ごちそうさま
2012年01月11日

南翔饅頭店

イエロー最近、新千歳空港がリニューアルしましたね。
羽田空港もそうですが、レストランやアミューズメントスペースが充実して、
飛行機に乗らない人も楽しめるような、そんな場所に空港がなっていってるようです。

で、早速偵察に行ってきました。
数あるレストランの中で、オイラのお目当ての店は「南翔饅頭店」。
上海の有名な小籠包のお店で、北海道初上陸という話題のお店です。
お昼の時間をずらしたので、ほとんど待たずに入れました。

入口近くには、ガラス張りの厨房があって、
小籠包を職人さんがせっせと包んでいるところが見られます。

注文したのは、小籠包と坦々麺セット(1,590円)。
小籠包

小籠包は、やけどしないようにまず穴をあけてスープから頂いて、
そのあと針しょうがと黒酢ではふはふ食べます。
スープたっぷり!もっと食べたい!

坦々麺

坦々麺はかなり辛かったけど、ゴマベースのこってりスープと細麺がおいしかったです。

でも、なんだか感激が薄いのは、そこが千歳空港だからでしょうか。

名物は、その土地の雰囲気と相まって美味しさが増す感じがしますよね。
遠い上海の味を近くで味わえることに文句を言っちゃバチが当たるでしょうけど…。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。