2008年01月09日

塩屋 ゆうじろう

こう毎日、寒い日ばかりじゃ、くーーっと一杯、行きたくもなりますわなぁ。
というわけで、くーーっと一杯、ラーメンを食べに行って参りましたッ。

yellow_gubi.gif

今回、おいらが足を運んだのは、札幌らーめん共和国にて、10月の「旨」部門でらーめん王に輝いた「塩屋 ゆうじろう」です。
塩屋というぐらいですので、塩ラーメンが絶品なのだろうと思い、席に着くや否や注文。
ボリビア産の天然岩塩を使ったという塩ラーメンは、深みのある濃厚なスープに白ゴマ風味が香ばしく、どこか懐かしい味がした。
疲れた体には心地よい塩加減だが、血圧が気になる方には要注意警報……

boribia-shio.jpg
  店頭に展示してあったボリビア岩塩

さて、このお店の目玉はボリビア岩塩だけではない。
なんと、ラーメンにトッピングされた時鮭である。
もちろん、チャーシューも頼めるが、鮭をくわえた木彫りの熊と慣れ親しんだ道産子はやっぱ鮭っしょ。
別途、ライスも注文して、食後の”おじや”ならぬ“お茶漬け”にして食べると、うまいべさ。
syake-ra.jpg→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2007年12月06日

盛岡麺紀行 第三弾 じゃじゃ麺編

ちゅーっす、さすらいの麺ハンターイエローでーす。
今回は盛岡シリーズ第三弾「じゃじゃ麺」です。
yellow_hunter.gif
オイラ、実のところ、じゃじゃ麺って知らなかったのだ。
盛岡では半世紀ほど前に「白龍」というお店が
中国の炸醤麺(ジャージャー麺)を元に始めたらしい。

じゃじゃ麺とは、アツアツの平麺に、特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけ、
好みに合わせてラー油やおろしショウガやニンニクをかけて食べるんだ。
この特製の肉味噌が、各店秘伝の調合で、味の決め手になっているんだね。

オイラが最初に行ったお店は、映画館通りそばの「じゃじゃ麺屋 香醤」。
ご主人に食べ方を教わりながら、初めて食べたじゃじゃ麺は、、、食のイリュージョンでしたー!
ラー油を混ぜたり、ショウガやニンニクを入れる毎に味が変わって、本当に美味しかったぁ。
肉味噌は、すりゴマなどが入っているようで、深い味わいでした。

で、食べ終わったら、「ちーたん、お願いしまーす」といいましょう。
食べ終わった後の器に、卵を割り肉味噌を加え、茹で汁を注いでかき混ぜたスープを「チータンタン」と言って、じゃじゃ麺のしめには欠かせないのだそうです(有料)。→→ にほんブログ村 グルメブログへ

ko-jan.jpg
     小400円        50円(チータン)

2007年11月30日

盛岡麺紀行 第二弾 わんこそば編

ちゅーっす、イエローでーす。
先日の冷麺に続き、盛岡シリーズ「わんこそば」です。

イエロー
行ったお店は、創業明治四十年の老舗「東家本店」。
風情のある建物の二階がバトル会場。

オイラ、わんこは二回目で、一回目は60杯くらいだったと思うけど、
今回は「めざせ!百杯!」の野望に燃え、
ブルー、レッド、ピンクを引き連れて挑んだのさっ。

薬味が用意され、前掛けをしてさぁスタート!
お給仕のお姐さんの「サァサァ、ドンドン♪」と妙に軽妙な掛け声につられ
オイラたち4人は、どんどんとお椀を重ねていき、
50杯くらいまでは、脱落者なく順調に進んだのだが、、、。
60杯を過ぎたあたりで、妙に薬味の消費量が多く、
お姐さんのそば攻めを2回に1回くらいの割合でかわしていた
ブルーが「うっ」という一言を残し脱落。

その後オイラを含む3人が順調に100杯を超え、
見事!木製手形をGETしたのでした。
※木製手形は百杯以上、それ以下は紙なのです

wanko.jpg

¥3100(マッチ棒で数えるのは2600円)

しかし、その後一週間ほどは蕎麦には近寄らなかった4人なのであった、、。
ちなみに最終記録は
イエロー100杯(ジャスト!)
ブルー 67杯
ピンク107杯
レッド147杯
でした。→→ にほんブログ村 グルメブログへ
2007年11月29日

拉珈酒亭(らこすて)

ちーっす。イエローでっす。
今回は、茨城県にあるラーメン屋 『拉珈酒亭(らこすて)』だよ。
イエロー

ここ『拉珈酒亭(らこすて)』では、最近マイブームのつけ麺を食べました。
rakosutei.jpg
つけダレは醤油ベースで、わりとアッサリしていたよ。
昆布などの魚介系のダシで、特に鰹節がきいてた。
タレの中に大きなチャーシューが入っていたので、最後に食べようと、残しておいたらしょっぱくなっててちょっとガッカリだった。
麺は結構ボリュームがあったけど、食べ終わったらそんなに多く感じなかったね。
大食いのおいらとしては、もう一杯食べれる余裕はあるかなぁ。
サイドメニューのどんぶり系も今度は食べてみようかなぁー。→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2007年11月15日

冷麺『盛楼閣』

ちゅーっす、イエローでーす。
今回は盛岡駅前の『盛楼閣』っていうお店で冷麺を食べてきました。
ウエカレンジャー イエロー
盛岡で冷麺を食べるなら、『盛楼閣』か『ぴょんぴょん舎』が有名らしいよ。

『盛楼閣』では冷麺の辛さを選べます。
『辛味別』を頼んだところ、キムチが入った辛いスープが別皿ででてきました。
reimen1.jpg
結局、辛味を全部入れて食べたけど、そんなに辛くなかったよ。
reimen2.jpg
スープの酸味と辛さが絶妙で5杯くらいは食べれそうな勢いです。
このスープ、10時間以上も煮込んでダシを取ってるそうです。どうりで旨い訳だ。
麺は太めでコシがハンパじゃなかったね。
具はチャーシュー・浅漬け風のきゅうり・ゆで卵、ゆで卵の上にはゴマとネギが乗っているよ。
スイカも甘くてうまかった。
冷麺は一杯900円だったよ(思ったより高かったなぁ)。
お店お奨めの温麺っていうのも、野菜がたくさん入ってて美味しそうでした。
今度行ったとき是非食べてみよう!→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
2007年11月08日

北海道いただきますフェア

我々ウェカレンジャーは、日本ハムファイターズがクライマックスシリーズでパ・リーグ制覇を飾った翌日、祝勝会を兼ねて全日空ホテルで開催中の「北海道いただきますフェア2007」に行ってきた。
この催しは、産直・浜直で取り寄せた北海道産の食材を、シェフが料理してくるという実にありがたい企画なのだ。
ディナーバンキングであることは下調べ済みだったので、会社から全日空ホテルまで正味20分強、すっかり冷え込んだ街中を、誰もが無言で歩いて戦いの準備に備えた。

yellow_hatimaki.gif    duck_01.gif   duck_01.gif

腹の虫がぐぅの音も出なくなった頃合いで、いざ勝負開始。
頭の中のゴングと共に、ディナーが並んだテーブルへと突進。
和・洋・中とバラエティに富んだ料理の中から、目に入ったものを手当たり次第に皿に盛り付けていく。
まぁ、駆けつけ一杯ならぬ、駆けつけ一皿。
バイキングというのは、なぜこうもワクワクするものなのだろう?

帆立貝やらマリネ等で前菜を済ませると、第2ラウンド「うに&いくら丼」へと出陣。
それ以降は、写真を撮るのも忘れ、スープカレーやらたらば蟹、寿司、点心を次々と胃袋に収めていく。
本鮪の香草焼きに舌包みをうち、パスタもさらさらっと完食。
人間、こういう時に育ちが出るもので、両手に皿を乗せて戻ってくる輩もいる。
一体何往復したのだろう?

itadakimasu.jpg

デザートのフルーツを楽しんだ後は、さらにケーキもミニシュークリームのように口の中に頬張り、さらには6種類のアイスクリームで締めくくったのであった。
ごちそうさまでした♪→→ にほんブログ村 グルメブログへ
2007年11月07日

牛タン屋『利休』

ちゅーっす。イエローです。
今回は、仙台にある 牛タン屋『利休』だよ。
ウエカレンジャー イエロー

ここ『利休』は、仙台近辺に20店舗ほどあります。
噂によると、地元の人は牛タン食べるときは焼肉屋ではなく牛タン屋に行くらしいよ。

では、食べたモノの一部を紹介するね。

rikyu1.jpg
上の写真はは牛タン焼き3人前です。
焼いた状態で出てきます。
一味をかけ、同じ皿の漬物と一緒に食べるそうです。(レモンはない)
すごい肉厚なのにとってもやわらかくて感動だよ。

rikyu2.jpg
上の写真は牛タンの握りです。
塩で頂きます。
さっぱりしてますが、しっかり牛タンの味がして美味しかったです。

rikyu3.jpg
上の写真はタンシチューです。
タンが噛まなくてもほぐれるくらい煮込まれてます。
ビックリするほど柔らかくてうまかったです。

rikyu4.jpg
上の写真は「極み」です。
見た目は普通の牛タンと変わりませんが、柔らかさと旨味は桁違いでした。
私はこれが一番好きです。

大体3人でたらふく食べて15,000円くらいだよ。→→ にほんブログ村 グルメブログへ
2007年10月31日

すし茶屋『吟遊』

ちゅーっす。イエローです。
今回はちょっとリッチなところで、神楽坂にある すし茶屋『吟遊』だよ。
ウエカレンジャー イエロー

『吟遊』はマグロが自慢のお店らしくて、本マグロを食べさせてくれるよ。
メニューは魚介類が多く、特に刺身やお鮨が絶品。
普段、回るすし屋でしか食べられないおいらには、シャリの重要性にあらためて気づかされたね。
しかし、お値段は・・・。たらーっ(汗)

ginyu1.jpg
上の写真はマグロ五点盛り
何故、トロを炙るのか理解できる一品。

ginyu2.jpg
上の写真はマグロの握り
もう、いっぱいいっぱいです。→→ にほんブログ村 グルメブログへ
2007年10月24日

とん太

ちゅーっす、イエローです。
今回は茨城県 水海道 の とんこつラーメン『とん太』です。
ウエカレンジャー イエロー
ここ『とん太』は、ちょっとコッテリしたラーメン食べたい人や、生粋の博多屋台系ラーメンを食べたい人にお勧めです。
スープは豚骨の臭みがあるので、紅生姜をたっぷり入れて食べるのがお勧め。
出汁の風味があまり無いので、高菜やゴマやニンニクを入れてから食べると美味しいよ。
それでも物足りない人は、『辛子みそ』をオーダーして味噌ベースのつけ麺風にして食べるのもお勧め。
麺は細めんのストレートで、わりと硬め。
麺のゆで具合をオーダーできるので、自分の好みの硬さにできるよ。
具はオーソドックスで、ネギ、きくらげ、のり、チャーシューだったね。
替玉もあるから、物足りないと思ったら食べ終わる前に替玉をオーダーしてね。→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

    今回オーダーしたのは『ラーメン(600円)』
tonta.jpg
2007年10月17日

黒石 つゆ焼きそば

ちゅーっす。イエローでっす。
yellow_kokesi.gif

おいら、今回はちょっと遠出して、青森県黒石市に、
B級ご当地グルメ界で密かに話題の「つゆ焼きそば」を食べにいってきたぞ。

「つゆ焼きそば」とはいったいナニモノ?
全くわからないまま行ったのが、
日本の道100選にも選ばれた風情ある「こみせ通り」に面した
「津軽黒石こみせ駅」というお店。

早速「つゆ焼きそば」を注文。
「つゆ焼きそば」とは、その昔、子供がお腹いっぱいになるようにと、
おやつのソース焼きそばにつゆを入れてかさを増したことが始まりだそうな。

tuyuyaki.JPG
出てきた「つゆ焼きそば」は、麺は中太平麺で、
かき揚げがドンとのっていて、一見、普通のソバのよう。
で、味もソバに近い感じだけれど、かすかにソースの風味がして、
とろけたかき揚げとの融合がちょっと癖になるような味でした。→→ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。