2010年09月01日

道路中心線形 出力

皆様お待ちかねの道路中心線形の時間です。
ブルー

前のバージョン『CADWe'll 土木 2010』では道路中心線形の入力しかできなかったが、今回の『CADWe'll 土木 2011』からは出力もできるようになったのだよ。
まずは簡単に使い方を説明してあげよう。

  1. [道路] メニューの[道路縦断図]-[作成] コマンドを起動します。
  2. 作図されている路線を選択します。[縦断図データ入力]ダイアログが表示されます。
    縦断図データ入力ダイアログ
  3. 現地盤高等、必要な情報を設定します。[道路中心線形出力]ボタンをクリックします。
  4. [道路中心線形出力]ダイアログが表示されます。必要事項を入力して[出力]ボタンをクリックします。
    道路中心線形出力ダイアログ
うーん、すばらしい道路中心線形データファイル(*.XML)が出力できましたね。
是非使ってみてくれたまえ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2009年05月26日

道路中心線形ファイル

こんにちは、ブルーです。

ブルー
最近Wii Fitにハマっていて、この美しいボディがよりバージョンアップしてしまうな。
まあちょっとしたアスリート気分を味わいながら、日々筋肉トレーニングにいそしんでいるよ。
今、メタボ気味のイエローにも勧めているところだよ。
余談はさておき、CADWe'll 土木2009で新たに追加された機能で、道路中心線形ファイルの読込みがあるとこに気づいたかね?
気付かなかった人の為に、操作方法をお教えしよう。
  1. [道路]メニューの[路線]-[作図]コマンドを起動したまえ。
  2. 表示された[路線作図設定]ダイアログの[読込み]ボタンをクリックしたまえ。
    路線作図設定
  3. [路線情報ファイル読込み]ダイアログで、[ファイルの種類]を「XML(道路中心線形データファイル)」に設定し、道路中心線形ファイルを選択したまえ。
    路線情報ファイル読込み
もし、道路中心線形データを貰ったら、是非使ってくれたまえ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2009年03月24日

ラスタペイントの色変更

今日は、お客様の要望から実現した機能「ラスタペイントの色変更」をご紹介しよう。
ラスタペイントとは、通常のペイント機能とは違い、ラスタが貼り付けられた領域上への専用ペイント機能である。
今までは色を変更したいと思うと、毎回ラスタペイント領域を指定して貼り直す必要があったが、
今回色変更機能が追加され、ラスタペイントを指定するだけで一発変更が可能となった。

■ラスタペイント色変更の手順
  1. メニューから[ツール]−[ラスタ]−[ペイント]を実行。
  2. 左側のカラーパレットから、変更後の色を設定しておく。
    ラスタ色選択
  3. 変更ボタンをクリック。
    ラスタ色変更
  4. 図面上から色変更したい対象のラスタペイントを選択(複数選択可)。
  5. キーボードの「Enter」キーで色変更実行。
これで一発色変更が完了。
ちなみにラスタ自体の色は、[設定]−[環境設定]の「ラスタ」タブで変更可能だ。
小島ブルー

今回の事例は、頻繁に使っているユーザ様から、不便さを指摘されて取り入れたケースである。
WebCADD.com では、ログイン後のご要望窓口ページより、このような要望を随時受付中。
改善してほしい機能や、追加してほしい機能があったら、皆さんの声を寄せてくれたまえ。

過去の関連記事:2種類のラスタご要望窓口
posted by ウエカレンジャー at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2009年01月22日

接頭・接尾表記

前回、寸法値には「可変/固定」の他に、数値以外の文字を含んだ「説明」があることを記述した。
さて、説明寸法は、寸法値を数値ではなく文字列として扱うため、誤差計算に影響が出る。
CADWe'll土木では、設計値と実測値の差分を誤差値として表記できるが、設計値と実測値のいずれかが説明になると、誤差計算ができず、誤差値が表示できなくなるのだ。

赤書き_1← 設計値と実測値の差分が誤差値表記される
赤書き_2← いずれかが説明になると誤差値が表示できない

文字も付加したいが誤差値も表示したいという欲張りな輩は「接頭・接尾表記」を利用したまえ。
「接頭・接尾表記」は、寸法値の前後に任意の文字列を付記する機能だ。
寸法線変更ダイアログ接頭・接尾表記は、
「設計値/実測値/誤差値」の
それぞれに個別設定できるぞ
ブルー

この機能を利用すれば、寸法値は数値のままで、かつ、前後に任意の文字列を付加することができる。

赤書き_3← 前後に文字列が付加でき、誤差値も表記可能

めでたし、めでたし。

イベント 出展のお知らせ
未発売の最新Ver.「CADWe'll土木 2009」を誰よりも早く見たいという方は、本日より開催中の
CALS/EC MESSE2009 へ行ってみよう!
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2009年01月15日

説明寸法

厳寒の地より、本年もテクニカル情報をお届けしよう。
灯油代が値下がりしてホッとしたのに、電気代が上がったんじゃ意味ねぇ〜。(電気ストーブ利用者)
ブルー

先日、グリーンも測量座標が苦手と愚痴っていたが、
「CADWe'll 土木」は弊社製品の中でも独特な動きをする製品である。
土木CADユーザにとって、測量座標は当たり前&朝飯前で混乱することはないと思われるが、
「測量座標⇔通常座標」を切り替えて使用することがあれば、柔軟に対応していただきたい。

では本題に入ろう。
寸法線数値には「可変」「固定」があるのは既知だろう。
寸法線の変形に合わせて数値が変わるのが「可変」、変形しても数値が変わらないのが「固定」だ。
その他、数値以外の文字を含んだ寸法値状態を「説明」、総称して「説明寸法」と呼んでいる。

説明寸法の例
文字編集で寸法値に数値以外の文字が含めると、
「説明」となり、数値ではなく文字列扱いとなる。

説明寸法は、文字列扱いのため、精度(位取り)やカンマ編集などの寸法属性にとらわれない。
また、土木には赤書き機能が存在するため、数値として認識できる寸法値は、数値として扱うというルールがある。ゆえに、文字編集で数値のみに再編集すれば、固定寸法に戻すことができる。
逆に言えば、数値だけの説明寸法ができないということなので、精度(位取り)を省略しようと「100」と入力しても、勝手に「100.00」と反映されるジレンマが発生する。
製図基準チェックで使用不可能な文字が除外され、数値に戻ってしまうこともあるので注意していただきたい。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2008年10月23日

電子納品お助け機能『表題欄』

こんにちは、ブルーです。
OCF検定に合格したので、ちょっとSXF関連の話をしよう。
ブルー

SXF Ver.3.0から新たに追加された表題欄フィーチャなるものを知っているだろうか?
これは、図面の下部に配置されることが多い表題欄文字列に属性が付いたものと思ってくれれば理解しやすと思う。
この表題欄フィーチャにはいろいろな仕様があり、その中でちょっと面白いと思った仕様は、『同じ表題欄属性が付与された図形が複数存在してはいけない』というところかな。
要するに、1図面に『工事名』という属性を持った図形が2個以上あると駄目ですよ。
っという仕様なのだ。
よって、図面上にある『工事名』属性を持つ文字列を複写しても、複写した文字列には、『工事名』属性が付いていないのだ。
うむむ。
深いな。

それでは、CADWe'll 土木2008で表題欄属性を持つ文字列の作成方法をお教えしよう。
  1. まず、SXF_set.gif[SXF図面−設定]ボタンをクリックする。
    もしこのボタンがツールバーに表示されていない場合は、[ツール]メニューの[ツールバーカスタマイズ]コマンドで追加する。
  2. [SXF図面設定]ダイアログが表示されます。[表題欄設定]欄にある左側の「工事名」をクリックし、右側の空欄に文字列を入力後[OK]ボタンをクリックしたまえ。
    SXF_file_set.gif
  3. ツールバーにあるSXF_put.gif[SXF図面−表題文字配置]ボタンをクリックする。先程入力した工事名が表示されるので、作図画面上をクリックして配置する。
上記の操作により、『工事名』属性を持った文字列が作図されました。
SXF Ver.3.0形式で図面の提出を要求された場合は、是非使ってくれたまえ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2008年10月16日

もっとマニアックな電子納品お役立ち情報

こんにちは、ブルーです。
今回は、OCF検定合格を記念して、電子納品関連の機能を紹介してあげよう。

ブルー
以前、電子納品お役立ち情報(既定義ハッチング)について紹介したが、
この既定義ハッチング(エリアコントロール)なるものを[エリアコントロール-情報表示]ボタンで表示した場合、背景の色によっては見えにくいことがある。
そのようなときにある設定を変更するだけで、パッチリクッキリ見えるようになる。
知りたいかな?
どうしても知りたいかな?
じゃあ教えてあげよう。

まず、ツールバーにある[設定]メニューをクリックしたまえ。
次に、[環境設定]コマンドを選択したまえ。
表示された[環境設定]ダイアログにある[表示・印刷]タブをクリックしたまえ。
で、[ラバー色]の右側にある色のボタンをクリックして、色を変更したまえ。
kankyo_hyouji.gif
[OK]ボタンをクリックして、ダイアログを閉じるのだ。

そーすると、既定義ハッチング(エリアコントロール)の色が変わって見やすくなっただろう?
いまいちだったら、もう一度[環境設定]コマンドを選択して、別な色に変えたまえ。

今回はちょっとマニア過ぎたかな?
でも、諸君はついてきてくれると信じているよ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2008年07月24日

電子納品 お助けコマンド

電子納品提出用図面データ(SFC・P21)を作成する際、等高線情報なるものを追加しないといけないらしい。
等高線は図面を見れば直感的に判別できるものだと思っていたが、電子納品提出用図面データ(SFC・P21)ではそうはいかないらしい。
ブルー
等高線に情報を追加するには、下記の手順で操作してくれたまえ。
  1. メニューバー[ツール]-[ツールバーカスタマイズ]または、任意のツールバー上でマウス右クリックし、表示されるメニューより[ツールバーカスタマイズ]を選びます。
  2. [カスタマイズ]ダイアログが表示されるので、「分類:SXF」をクリックします。
    toukou_btn.gif
  3. 一行目左から三つ目が、「等高線:作成」四つ目が「等高線:変更」となります。
    2つのボタンを任意のツールバーへドラッグして配置します。
  4. [等高線-作成] ボタンをクリックします。
  5. 等高線情報を追加したい図形を選択します。
  6. 他に選択する図形が無ければ、選択終了を確定するために <Enter>を入力します。
  7. [等高線] ダイアログが表示されます。「高さ」や「名称」を設定します。
    [OK] ボタンをクリックし、ダイアログを閉じます。
ボタンが[等高線-作成]って名前のため、くにゃくにゃした等高線自体を作成するコマンドと勘違いする人々もいると思うが、等高線情報を追加するだけのコマンドなんだ。
そこのところご注意あれ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2008年07月17日

CAD製図基準の味方

諸君は、CAD製図基準沿った図面データ作成に戸惑いを感じてはいないだろうか?
CADWe'll 土木では、地味にSXFモードという設定がある。
このSXFモードを知らずして、CAD製図基準対応の図面データを作成するのは難しい。

ブルー
では、SXFモードの設定方法をお教えしよう。
  1. メニューバーの「ツール」-「ツールバーカスタマイズ」を選択。
  2. [カスタマイズ]ダイアログが表示されるので、分類:SXFをクリック。
    sxfbtn.gif
  3. ボタンの1行目左から5番目のボタンを任意のツールバーへドラッグ。
  4. [閉じる]ボタンをクリックしてダイアログを閉じる。
  5. 追加した[SXFモード]ボタンをクリックすると、色・線種・線幅がSXF 既定義に変更される。
[SXFモード]ボタンをオンに設定した状態で、CAD製図基準沿った図面データを作成してくれたまえ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
2008年07月10日

DWG図面データを読込むときの魔法の呪文

そろそろ蒸暑くなってきたけど、諸君は夏バテしていないだろうか?
私は常に体調を万全にしているから、夏バテという言葉の存在を忘れるくらいだよ。
ブルー
さて、これから紹介する魔法の呪文は、DWG図面データを読込むときに表示される[DWG インポート(読込み)]ダイアログについての説明だよ。
この[DWG インポート(読込み)]ダイアログの設定よっては、「あれぇ?図形が表示されない・・・。」「なぬぅ、寸法数値がぐちゃぐちゃだぁ!!」といったストレスを感じることが少なくなると思われる。

で、是非お試しいただきたい操作は、DWG図面データを開いたときに表示される[DWG インポート(読込み)]ダイアログの「図面の原点を移動する。」項目の横に X: Y:という表示がありますが、ここに大きな数字が表示されている場合「図面の原点を移動する。」にチェックをつけて読み込むと良いでしょう。
dwg_inp.gif

是非試してくれたまえ。
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>土木
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。