2011年11月30日

iPhone4S

時代の流れといいましょうか、歳甲斐もなく、今流行りのスマホ、話題の「iPhone4S」に機種変更しちゃいました。
使い心地はまずまずですが、世間でも騒がれているように、電池の消耗が激しいです。
Green.gif電池残量を%表示しているため、スリープ解除する度に、驚くほど目減りしているのが顕著で、これが噂のアレかぁと納得。
iPhoneで音楽を聴く人の気が知れないです。いざという時に電池消耗して使えない‥ってことはないんでしょうかね。


あと、何でも歳のせいにするようですが、メッセージ機能が使いにくいです。
ウィルコムとの相性があまりよくないみたいだし、何気に電話番号をタップすると、ダイヤルしちゃうし‥。
iPhone用のケースに付随していた保護フィルムを貼ってみたのですが、ところどころに空気が入ってしまい、「買ったときのシール剥がさないの?」と指摘されまくりで、正直不器用な自分が憎いです。
とりあえず、指紋が付き難い保護フィルムに買い換えようかと思っています、、、

posted by ウエカレンジャー at 09:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年11月17日

FIVB ワールドカップ女子バレー

冬が間近に迫った肌寒い北の大地で11月11日〜11月13日にかけ、オリンピック出場がかかったワールドカップ女子バレーの熱戦が繰り広げられました。
北海道で国際試合が見られることはなかなかないので、「すわ行かねば」と張り切って行ってきました。
今年は、ジャニーズファンが自粛したのか、土曜日以外はすんなりとチケットが取れた模様です。

「日本、チャチャチャ」にも参加でき、とても満足ですが、、、
僕が見た、ヨーロッパチャンピオンのセルビア戦は、フルセットで負けてしまいました。なまら残念!
ちなみに応援は、音頭を取ってくれる人がいるので、初心者でも盛り上がれます。
FIVB参加国国旗
上の写真は、参加国の国旗です。

翌日の韓国戦と、その翌日のブラジル戦は、火の鳥ニッポンが勝利してくれたので良かったです。
韓国戦を観に行ったブルーちっさいブルーがうらやましいッと歯ギシリ。テレビにも映りこんでたらしいです。

生バボちゃん発見!
バボちゃんも海を渡って、はるばる北海道まで来てくれたんですね。
バボちゃん ← 合成です。
posted by ウエカレンジャー at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年10月20日

レバンガ北海道 初ホーム戦

レラカムイ北海道、改め、「レバンガ北海道」の初ホーム戦が、北海道帯広市で開催されました。
レバンガグリーンと呼ばれるホームユニフォームの黄緑が目に眩しいです。
対戦相手は、昨年の優勝チームというよりは、優勝の常連チームである「アイシン シーホース」です。

見慣れぬレバンガ北海道のフラッグが掲げられているのは、まだしっくりきませんね・・。(一番右側)
レバンガ北海道フラッグ

札幌開催でなかったのは残念ですが、JBLに承認された6月以降では、体育館を押さえることができなかったんですね、きっと。ちなみに、昨年までのメインのホームコートである北翔クロテックドームでは、ディズニー・オン・アイスが催されてました。

負傷者もいる中、アイシンとは1勝1敗の成績でした。
開幕からの4戦で2勝2敗、存続が決定してからの短いチーム練習の割には、いい感じの仕上がりなのではないでしょうか。
レバンガ北海道の理事にして、選手でもある折茂選手の7000得点達成のゴールの瞬間を早く目にしたいです!

ガンバレ、レバンガ北海道!
posted by ウエカレンジャー at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年08月09日

映画「雪に願うこと」 ばんえい競馬

最近、僕の周囲では「今度、ばんえい競馬に行くんですよー」とか「ばんえい競馬、見てきたべさ」という声をちょいちょい聞きます。
しかも一度観戦したらはまるらしく、リピーターも多いようです。
今、ばんえい競馬が熱い!?

正直、僕は帯広競馬場の徒歩5分圏内で育ったのですが、ばんえい競馬を見た事がありません。
普通のスピードを競う派手な競馬と違い、ばんえいは農耕馬が重石を乗せたソリを運んで障害を越えていく地味なスポーツです。
そんな中、ばんえい競馬をテーマにした映画「雪に願うこと」を視聴しました。

【あらすじ】
故郷を捨て、若くして東京で成功を収めた主人公の青年が、事業に失敗して多額の借金を抱え、兄が経営する厩舎に逃げ帰ります。
そこには、レースに勝てず、引退して馬肉になる運命にある、崖っぷち寸前のウンリュウ号がいました。
主人公はウンリュウに自分を重ね合わせ、ウンリュウを再起させてレースに勝たせたいと願うようになり、人生に希望を見出していくというお話。

ばんえいファンには申し訳ないですが、地味な内容の映画です。
ところが意外や意外、ばんばのような力強い牽引力のある映画でしたね。
役者が演じる北海道弁の「○○っしょ」「○○だべさ」は、割と鼻につくのですが、兄役を演じる佐藤浩市さんの北海道弁がネイティブのように上手かったのには驚きました。

グリーンハリウッドの「シービスケット」や「夢駆ける馬ドリーマー」のような華やかさはありませんが、障害レースと人生を上手く絡ませている秀逸な映画でした。
今では帯広競馬場でしか見られないばんえい競馬。売上減少により、存続も危ぶまれていますが、この映画を観た後は、ばんえい競馬を観戦したくなること間違いなし。
北海道へお越しの際は、是非「ばんえい競馬」へ。

※WebCADDのサポート業務は、8月10日〜16日まで夏季休暇となっております。
posted by ウエカレンジャー at 14:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年07月13日

モキュメンタリー

グリーン暑いですね。
ホラー映画には霊感ならぬ、冷感作用があるとか・・・
そこで皆さんはモキュメンタリー映画ってご存知ですか?
実際にはフィクションなんだけど、ドキュメンタリータッチで描いた映画のことです。
遡れば、オーソン・ウェルズのラジオドラマ「火星人襲来」などもこの部類に入るのかもしれませんが、僕が一番最初に観たのは、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』ですかね。
魔女伝説を追う学生が撮影したビデオ映像という触れ込みで、低予算ながら興行成績で成功を収めた作品です。

いずれも、ハンディカメラなどで撮影しているので、やたらとリアルで、本当に信じちゃう人もいるとか・・。
例えば、「THE 4TH KIND」は、精神科医が撮影した診療の記録映像に恐ろしい真実が!!てなセンセーショナルな作品。しかも実際の事件に基づいてという前置きがあるので実話だと信じる人も続出。
でもこの作品は、どこかハリウッド的で日本人は騙されないでしょー。
日本人好みなのは「パラノーマル・アクティビティ」の方かな。
霊現象に悩まされているカップルが、霊の正体を探ろうと室内にカメラを設置する・・という設定です。
ちょっとオカルトっぽい箇所があるのでいささかやりすぎ感は否めませんが、心霊好きな日本人にはもってこいの作品だよ。
節電対策のためにも、寝苦しい夜にいかがですか?
posted by ウエカレンジャー at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年07月07日

断捨離(だんしゃり)のススメ

皆さん、断捨離(だんしゃり)してますぅ?
断捨離とは、そのまんまの意味で、不要なモノを断ち、捨て、離れる行為のことです。
片付けられなーい、捨てられなーいって性分の人も、一度モノへの未練や執着を断ち切って、思い切って捨ててしまいましょー。
ピンク断捨離中

これは物品に限らず、ハードディスクのデータも同じ。
いくら愛着があるとはいえ、サイズが合わなくなった靴や、デザインが古くなった服を着ますか?
何ヶ月も放置している録画映像や何年も前のメールを見ますか?って話です。とっとと消去すべし。

でもね意外や意外、やり始めると病みつきになります。
断捨離するモノはねぇーか、断捨離できるヤツはいねぇーか、となまはげの鬼の様相で家中をくまなく探すようになりますのよ。

不用品は、寄付してもいいし、エコ活用してもよし。
リサイクルショップや古着屋さん、古本、CD屋さんに持ち込めば、買い取ってくれるモノもあります。
ほとんどがクズ同然の安値で敗北気分に打ちひしがれますが、思いがけず高値となるお宝商品があると、ニンマリと小さくガッツポーズ。
例えば、聴き古したCDが1000円台の高値で買い取られたり、タダでもらったノベルティ商品が数百円に化けたりすると笑いが止まりません。
なんだか、逆にガメツクなって、別の意味でモノに執着している気にもなりますが、部屋が片付いて、ありがたく収入もあれば、気分もすっきり二度おいしいというものです。

あなたの部屋にもお宝が眠ってるかもしれなくてよ。
posted by ウエカレンジャー at 09:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年06月29日

スーパークールビズ

夏到来。
今年は節電対策の一環で、クールビズならぬ「スーパークールビズ」なるものを環境省が推奨し、導入に動き出した企業もあるとか。
通常のクールビズは、ノーネクタイ、開襟シャツ、通勤快足もか?などにとどまっていたが、「スーパークールビズ」はポロシャツやチノパンなどカジュアルな装いもOKとのこと。
アロハやTシャツも可の自治体もあるらしい。
まぁ、さすがに山下清バリのランニング姿で来るツワモノがいるとは思えないが・・・。

レッド山下清になる  ビ、ビ、ビールが飲みたいんだな・・

ダイテック札幌技術部では節電のために、今のところクーラーを使用していません。
うだる暑さで頭が回らないよりは、涼しげな格好で効率の良い仕事ができればそれに越したことはありません。
ダイテックの技術部なんてお客さんの目に触れない地下室みたいなとこで作っているので(ウソウソ)、多少ラフでもいいような気がする。
でもカジュアルな服装ってセンスを問われるんだよな・・。
とは言ってもある程度の節度を求められるので、「ビバ!、スーパークールビズ」とはいかないようです。

節電のことを考えると、足湯ならぬ足水OKとか、就業中の冷えピタOKとかにならないかなぁ。
posted by ウエカレンジャー at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年06月15日

強すぎ父さん

僕は、softbank社の携帯を愛用してますし、お父さんの大ファンでもあります。
それにしても、今年の福岡ソフトバンクホークスは強すぎですな。

昨年、リーグ優勝したにも関わらず、クライマックスシリーズで、リーグ3位のロッテに優勝をかっさらわれた挙句、そのロッテが日本シリーズで優勝の戴冠を得る栄誉を見せ付けられたソフトバンクさん。
昨年の雪辱を晴らすべく、気合いの入れようが違うようです。
そういえば、昨年の覇者ロッテはどうしちゃったんでしょ?

ソフトバンク父さん
↑ちなみに右側のお父さんは、昨年の優勝記念ストラップです。

交流戦で広島カープ相手に17点も取った日には、野球の神が降臨したのではないかと思っちゃいましたよ。
いかん、いかん。あまりソフトバンクに肩入れした記事を書くと、周囲のファイターズファンに袋叩きにされるので、今日はここまで。

日本ハムもジェット風船飛ばしたりして頑張ってんですけどね・・・・・・・・・・・
応援の方かいッ!(お後がよろしいようで)
ジェット風船青いのが風船です。
応援そっちのけで、フライング気味に風船を膨らませてる人もいれば、せっかく膨らませたのに空気が漏れてすぐにしぼんでしまう人、膨らませ過ぎて割ってしまう人、いろいろなドラマがありましたよ。

飛んでる写真はスピードに追いつけず、撮れませんでした・・・鈍くさくて、すんません

posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年06月08日

トラの爪あと

先週、北海道日本ハムファイターズと阪神タイガースの試合を観戦してきました。
偶然か必然か、ランチを食べに入った食堂の隣席にはタイガースファンが、、、。
前日の試合を熱く愚痴っておりました。

平日なのに、ビジター席を埋め尽くすトラ党の皆さん。
阪神タイガースの応援席

エース、ダルビッシュの好投もあり、8回裏まで点数が入らない攻防戦。
いいとこまでいくのに、点数が入らないジレンマでため息と身もだえの連続っす。
ダルの古女房ならぬ、新妻・大野のタイムリーで日本ハムが見事勝利しました。

悔しさを表す、トラ党の残骸っす。
残骸

札幌の夜はかなり気温が低かったのですが、熱い夜となりました。
posted by ウエカレンジャー at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2011年05月18日

電波時計が復活

僕は、某大手メーカーの電波時計を使用しています。
田舎育ちのせいか、だいたいのことはアバウトですが、不思議と電波時計を手にすると、合ってないと気がすまない感覚に陥るんですよね。だって電波時計なんだもん。

周知ではありますが、東日本大震災後、福島の電波送信基地局が福島原発の避難区域に含まれていたため、停波しました。
日本には、九州にも電波送信基地局が存在しますが、残念ながら北海道には届きません。
4月下旬に送信が一時再開されたのですが、落雷で再び停波状態へ。震災に続いて天災の被害に・・。
でも5月中旬に、再開されたようで、1ヵ月の間に5秒程進んでいた時計が無事標準時間となりました。

かと言って、時計が合ってても、所詮アバウトに生きている人間なので、会社に遅刻しなければいい、予約時間に間に合えばいい、ぐらいしか使用目的がなく、1分1秒を争う展開は皆無なんですよね・・。
田舎の頃は、1時間に1本しかJRが来ない環境だったので、時間厳守の生活だったけど、札幌の地下鉄やバスは乗り遅れても次が来ちゃうんでね。

タイムスケジュールで行動しない、一般庶民の僕には、電波時計は宝の持ち腐れと実感。腹時計で充分のようです・・。
それよりも、一度電力不足に陥ったソーラー充電の腕時計で、冬の北海道では日照時間が足りずに充電できなくなった時の方がショックでした。メーカーに問い合わせたら、「北海道ですか・・」と妙に納得されたのが悲しかった・・。
      グリーン電波時計

基地局の皆さんのご苦労につくづく感謝致します。
規則正しい生活を送るよう頑張っろっかなぁ・・
posted by ウエカレンジャー at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。