2014年12月11日

快適ブロードバンドライフに挫折A

遺憾です。レッドです。マンションの光集合装置の交換という大がかりな措置をしてもらい、安心したのもつかの間、翌朝には回線断が再発。
パソコンを立ち上げてなくても、VDSLモデムのLINEランプが点滅しております。がっくし。

半ばうなだれながら再度NTTに電話連絡。
休日なのでオペレータに繋がるまで30分ほど待つ。
昨日修理してもらったが、現象が収まらない主旨を伝え、先日と同様に通信状況を調べてもうらうと、エラーの記録が確認できましたので今日中に修理業者を派遣しますとのこと。

断線は一時的なものなので、数時間後、修理業者さんが来た頃には回線状態は回復。
通信チェックしても、今現在は正常で、エラーも検出できないとのこと。
そりゃ、そうでしょう。回復してんだもん。でもクレーマーじゃなんだよ、本当に回線が切れてたんだよ...
修理屋さんが来ている間に断線しないのが歯がゆい。

夏の終わり頃に雷が落ちて停電したことやインターフォンをバージョンアップしたことを告げると、配線や電気系統に影響を及ぼした可能性はあるとのこと。
他にも冷蔵庫や電子レンジなどが近くにあると、なぜか回線断が起こった事例もあるらしい。ただ電気ノイズ除去装置を取り付けようにも、ノイズを受ける側ではなく、ノイズを発している側につけなくては効果が薄いという。ノイズは目に見えないので特定できましぇーん。
とりあえず、モデムが旧式の初期モデルだったので、最新のVH-100「4」E「N」に交換してもらい様子を見ることに...
もちろん、NTTからのレンタル装置なので無償交換です。
何度もご足労願って申し訳ありませんと愁傷な気持ちで、修理屋さんを送り出す。(続く)

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折@快適ブロードバンドライフに挫折B
posted by ウエカレンジャー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月09日

快適ブロードバンドライフに挫折@

レッド今やスマホ携帯もテレビゲームもWi-fi接続が主流で、ブロードバンドは欠かせない時代。私もBフレッツ光を使用しているわけですが、どうも最近調子が悪い。
回線速度は10Mbps以下、インターネット接続も度々切れます。ただ完全な断線というわけではなく、数分で回復するので、ずっと騙し騙し使ってましたが、最近は10分間隔で断線して、温厚で忍耐強い私でもイライラが最高潮。
技術者の性分なのか、自力回復を模索し、ネット検索でいろいろ助けられたので、私の経験も残しておこうと思います。

注目したのが、断線中、マンション用のVDSL装置(モデム)のLINEランプが消灯したり、ゆっくりと点滅していることです。
回線に狙いを定めながらも、他の原因を排除するため、いろいろ実験。
  1. VDSL + 無線LANルータの電源入れ直し
  2. ルータを経由せずに、直接VDSLに接続
  3. 電話線およびLANケーブルの抜き差し、および交換
  4. プロバイダに故障や工事の問い合わせ
いずれも回復には至らず...。もうこれはNTTに聞くしかないと、早速NTTの故障受付のコールセンターに電話しました。
故障サポートは、PM5:00以降は留守番電話受付。留守電ってなぜか緊張するんですよね。
そこで、翌日の午前中に電話したら、すんなりオペレーターに繋がり一安心。

状況を説明すると、回線状況を調査して折り返し連絡しますとのこと。
どうやら遠隔で通信状況が分かるようで、待つこと10分少々。
折り返しの電話で、今現在は通常に通信できているが、頻繁にエラーが出ていると教えられる。恐らくログが記録されているのでしょう。

VDSL装置の故障が疑われるので、交換用を宅配輸送するか、修理業者を派遣するか聞かれます。
特に急いでもいないので、宅配してもらうことに。使用中のVDSLの型番を聞かれ、帰宅後連絡することにし、ドキドキしながら留守電に、名前と電話番号、連絡内容を噛み噛みで吹き込むと、数分で折り返しの電話がかかってきました。
午前中のオペレーターさんが記録を残していたようで、杓子定規な個人確認の後は、スムーズに話が進みました。
ただ、VDSLが原因と特定されたわけではないので、交換しても直る保障はないということで、結局業者を派遣してもらうことに。

翌日、業者さんに調査してもらうと、マンションの光集合装置のエラーランプが点灯していたとのこと。ただ、1つの集合装置に16世帯分が接続されているはずなのに、他からは問い合わせは来ていないとのことで少々不安が残る。
NTT管轄の装置故障ということで、集合装置を無償交換してもらい、修理終了。ところが、、、(続く)

【関連記事】快適ブロードバンドライフに挫折A快適ブロードバンドライフに挫折B
posted by ウエカレンジャー at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年12月03日

柳月の「どらパンケ」

ピンク2週間前くらいに、近所の柳月にいったときに、「どらパンケ完売御礼」というのを目にしました。
「???…あっ」思い出しました。
そういえば、HTBの朝の番組「イチオシモーニング」で完売スイーツとして紹介されていました。
本当に完売しているんだ〜、と驚きです。

そんなことも、すっかり忘れていた頃、友人から「どらパンケ入手したよ」との連絡が。
なにやら、毎日開店と同時に完売するくらいの人気なので、予約して購入したとな。
その苦労の品を頂きました。

dorapanke1.jpg
パッケージはこんな感じ。

dorapanke2.jpg
ホイップクリームとメープル味のカスタードクリームがふわっふわの生地にはさまれて、とても美味しゅうございました。
これで、130円はお得感ありますな。

後日、札幌駅のエスタの柳月に昼休みにいってみたら
「どらパンケ完売御礼」とでていました…本当に完売してるんだ。
posted by ウエカレンジャー at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年11月19日

秋田名物「秋田犬のふん」

ピンク秋田名物?の「秋田犬のふん」を紹介しますわ。
読みは「あきたけん」ではなく、「あきたいぬ」と読むのでお間違いなきよう。
パッケージの秋田犬の「犬」の点がっ!
芸が極め細やかすぎるわ。

akitainu_fun.png


ネタとしてもネーミングが秀逸なこのお菓子の中身はといえば、
「糞」を模したチョコクッキーです。

akitainu_nakami.gif

キャラクターが Lovely なのも、修学旅行生にウケがいいと思うのよね。
富士額の秋田犬って、、、
私たちウェカレンジャーも、もっと Lovely なキャラにしてほしかったわ。
北海道発信のブログだからって、じゃがいもモチーフッて、雑すぎるのよねぇ。
土気色でないから許すけど。

akitainu_seal.png

奈良のチョコ豆菓子「鹿のふん」と食べ比べてみたいもんだわ。
posted by ウエカレンジャー at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年08月28日

太宰が身近にいる街

レッド今年の夏は東北の夏祭りを見て来ました。
その中でも立佞武多(たちねぶた)を見た五所川原という街の話をします。
祭りの日に五所川原の駅についた時は、「お祭り会場はどこですか?」なんて聞く必要もないくらい観光客でごった返してました。
駅から一番近い交差点は、全体が円形で地元の人からは「ロータリー」と呼ばれているそうで、
たぶんこの街で一番大きな交差点です。
立佞武多の大きな山車はこの交差点の中で見栄を切るので、ここが一番の観覧スポットかも。
このロータリーに面した「珈琲詩人」という喫茶店の二階が超穴場でした。
この道35年というマスターがいれた自家焙煎の超おいしい珈琲を飲みながら、ばっちり立佞武多見て来ました。
二階の席なのに巨大な山車から見下ろされてる〜〜。
(写真は「立佞武多の館」という展示場に収まった時のものです)
Tachineputa.jpg

と、祭りのさなかに気になるものを見つけたんです。
僕がいた珈琲詩人からロータリーの向こう側に「倉」が見えます。何で商店街の中に「倉」が?
次の日、モーニングセットをいただきにもう一度珈琲詩人に出かけたんですが、(これがまた、
ボリュームもしっかりあって美味しい!!)そのついでに倉の正体を確かめて来ました。
古めかしい造りですが、明らかに新築っぽい。
駐車場のようなスペースもあるので、何かのお店かな? と思ったけど看板が無い。
でも、明らかに民家じゃなさそう・・・。

minka.jpg

じろじろ覗いていたら後ろから声をかけられました。
「中をごらんになりますか? どうぞ。」
「えっ、いいんですか?」「っと言うか、あなたはどなた? これは何?」
お話を聞いて、びっくりして納得。
なんとこの倉は太宰治の生家から移設したもので、中はミニ博物館になっているんです。
その名も太宰治の「思ひ出の蔵」。声をかけてくれたのは博物館の方でした。
忘れてたけど、五所川原は太宰治の生地でした。生家である「斜陽館」が有名だけど、それは
「津軽鉄道」に乗って、街の中心からは20分ほど離れた所にあります。
こちらの倉は、太宰を身近に感じてもらおうと街の有志がほとんど自費で開設したんだそうです。
しかもその有志というのが昔の小学校の同級生だそうで、なんともガッツのあるお話。
本当は今秋開館予定で、まだ準備中とのこと。
え、それなのに中入っちゃっていいんですか?
写真も撮っちゃいますけど・・・。

dazai.jpg

展示品の中に太宰治の直筆はがきがありました。しかも2枚。
最近になって津島家の仏壇の引き出しから出てきたものだそうです。
1枚は東京にいる太宰が五所川原の大火を知って心配して送ったはがきで、
もう1枚は、戦時中に五所川原へ疎開していた太宰が戦後東京に戻って書いたお礼だそうです。

太宰というと「饗応夫人」が印象にあるんだけど、狂気とコミカルが半分ずつの不思議なお話。そんな文豪の直筆はがきが仏壇から出てくるという話もすごいけど、小学校の同級生が私設博物館まで作るって話もすごいな。
五所川原は太宰が身近に感じられる街でもありました。

そういえば、津軽鉄道って「ストーブ列車」で有名なんだよね。
今度は冬に来て、斜陽館にも行ってみようと思ったのでした。
posted by ウエカレンジャー at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年08月06日

背筋がゾッとした話

グリーンぶるった5月半ば、Yahoo!ニュースのトピックに、怖い話が何気に掲載されていました。

青森県で、無人の別荘から119番通報があったそうなんです。
通信状態が悪く、相手の声が聞こえなかったため、緊急を要する事態かと思い、
発信元を突き止めて駆けつけたところ、そこは真っ暗な密室の別荘で、人影すらなく・・・。

ただの悪戯かと思いきや、そこがかの有名な八甲田雪中行軍遭難事件があった地区ということで、ニュースになったわけです。八甲田雪中行軍遭難事件とは、1902年に日本陸軍による冬季雪中行軍の訓練中、210名が遭難し、多くの犠牲者が出た史実の事件です。

地元の人に言わせると、神聖な場所であるのは確かだそうですが、そんなに怖いとこでもないとのこと。
いたましい事件があった場所なので、どーしてもセンセーショナルに怪談話めいて流布されてしまうようですが、八甲田山はいくつも岳が連なる山岳地帯で、登山や山スキー、温泉などを楽しむ観光スポットとしての方が有名らしいです。

とは言ってもそのようないわくありげな場所に別荘があるというのも、粋といいますか、奇特といいますか・・・。まだ死の彷徨が続いていて助けを求めてきたのかと思うと、怖いというよりもお気の毒でなりません。
その後、断線しかかっていた電話線が強風で揺らされ、通電と断線が繰り返された結果、119番にかかってしまったのではという説もありましたが、その偶発的な確率で119番に繋がったいうのが凄い!今年の夏は、八甲田山に行って涼しい夏を過ごしませんか?

猛暑が続いたかと思いや大雨が降ったりと、くれぐれも体調管理には気をつけてお過ごしください。
弊社は、8月9日〜8月17日まで夏季休業日となっております。
メールサポートへのお問合せは、8月18日から順次回答をご案内いたしますのでご了承ください。


【関連記事】八甲田山
posted by ウエカレンジャー at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年05月14日

新人研修+新人サポート講習会+新人紹介

レッド4月中旬、新入社員研修の一環として、弊社で取り扱っている製品を知ってもらおうと、講習会が行われ、来年入社志望の学生さんにも参加してもらいました。
講習は、弊社が実施しているCADスクールのカリキュラムに準じ、初心者向けの基本操作から設備図面作成までをマスターする3日間コースで行われました。

指導する講師もまた、今回が初スクールというルーキーです。
本来なら、ベテラン先輩を相手に講師デビューするという、僕ならワナワナ震えそうな伝統行事なのですが、このような場がもうけられて良かったのではないかと思います。
ベテラン勢があまり口を出さずに、新米同士のがっぷり四つ講習でしたので、セッティングや段取りに手間取り、若干時間に遅れが生じたようですが、講習は無事終了したようです。

講習会風景

営業、技術、サポート、それぞれ配属部署は異なりますが、弊社が作っている製品がどのようなものか理解してもらえたのではないでしょうか。
とりあえずはそれぞれの持ち場で精進してもらいます。彼らがどのように携わっていくのか楽しみですね。

これから弊社を担って行ってくれる若手社員ではありますが、一年もたてば、隠居間近の僕も、優秀な彼らに引っ張ってもらっているでしょう。
そのうち彼らにもブログに登場してもらう予定です。
  
★新人トリオの皆さんです。昨年入社した鮮度が落ちてるメンバーもおりますが、、、
ル鈴三世        丸エ衛門        次原
 ル鈴三世         丸エ門          次原
posted by ウエカレンジャー at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年03月05日

ハードディスクの適正温度とは?

レッド年頭の挨拶でも愚痴らさせていただきましたが、昨年末に愛用のパソコンが故障し、また突然壊れるのではないかとトラウマに怯える今日この頃です。
そこで、起動時とシャットダウン時にハードディスク状態をチェックするようにしました。
そして気づいたのが、ハードディスクの温度。
起動直後は20℃前後なのですが、2時間ほど起動していると40℃を超え、49℃を記録したことも!
この時期の北海道の室内温度は、フル暖房なので高い方だと思いますが、それでも真夏よりはマシでしょう。
一応、搭載しているハードディスクは、60℃までは正常動作する仕様らしいのですが、加熱し過ぎじゃないかと、、、

ちなみに、ハードディスクの適正温度は人肌ぐらいがよろしいようです。
30〜40℃ぐらいがベストで、よい湯加減な40〜45℃も許容範囲といったところ。
50℃を超えると故障率も上がるらしいので要注意!

メーカーさん、静音設計なのはわかるけど、もっとファンを使って冷却してください。
神経質になり過ぎだと思いつつも、なんだか悩みの尽きない日々です。
まっ、数週間後には、何事もなかったようにガンガンを使ってるんでしょうけど・・・
posted by ウエカレンジャー at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年02月12日

除菌でウィルス対策

グリーン昨今、インフルエンザやノロウィルスなど、私たちのまわりには危険なウィルスが蔓延しています。
そこで気になるのが、パソコン周辺の除菌問題です。
有名な話ですが、キーボードは便座よりも雑菌が多いのだとか・・・。

飲食しながら触れば、雑菌の温床になるだろうし、ドアノブを触った後に触れば、間接的にウィルスが付着する可能性もあります。

ちなみに僕は、自宅使用のキーボードにはキーボードカバーをつけています。
しかしこれがまた、メーカー純正のキーボードカバーがないため、ELECOM製のシリコンカバーなので、どこかしっくりきません。
密着度が低いせいか、指滑りが多く、キータッチにも力が入ります。
でも、パソコン周辺は清潔にしたいので、多少の不満があっても我慢です。

もしオフィス内の座席周辺に、咳や鼻をすすっている人がいるならば、
ウェットテッィシュでキーボードをサッと拭くだけでも、多少の効果はあるかもしれませんよ。
posted by ウエカレンジャー at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
2014年01月23日

栗山町あれこれ

雪が降る前のとある休日、
栗山町のお蕎麦やさん「錦水庵」に行ってきました。

札幌からは車でのんびり1時間ちょっとくらいで到着します。
途中、長沼に寄ったり、いろいろ楽しめるルートです。

このお蕎麦やさんは栗山の酒蔵「小林酒造」の敷地内にあって
日本酒の仕込み水を使って全て手打ちでおそばを提供しているそうです。
お昼時は行列必至というので、12時前に入店。
一番人気という天ぷらがのった冷たいおそばの「錦水庵そば」と
「鶏ごぼうそば」を注文し、しばし待つ。
注文を受けてから蕎麦を打つそうで、待つのもおいしさのためです。

「錦水庵そば」は更科そばと田舎そばを選べて、
おいらはそばの風味が好きなので田舎そばをチョイス。
しっかり歯ごたえでそばの香りがしてとてもおいしゅうございました。
※食べるのに夢中で写真無しです…(「錦水庵」さんHP参照して下さい)

早い時間に食事が終わったので、
「そういえば、栗山には栗山監督の栗の木ファームがあったはず」
と、場所もわからずグルグルしていたらなんとか到着。
お山の上のとても眺めのよい場所にありました。

栗山町1栗山町2

手作りの野球場があったりして、よく言われているように、
日本版フィールドオブドリ−ムのような、なんともほのぼのした良い雰囲気が漂っていました。

栗山町3栗山町4
栗山町5イエロー

今年は、優勝して栗山町で軽トラパレードしてもらいたいな。
posted by ウエカレンジャー at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑日記>日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。