2014年11月26日

図面容量チェックはじめました。

call.gifCADWe'll Tfa6 から、お客様の環境により、32bit版Tfas と 64bit版Tfas をお選びいただけるようになりました。
64bit版Tfasでは、既存の32bit版図面(*.tfs)よりも大容量の64bit図面(*.tfx)を取り扱うことができるようになりましたが、32bit版Tfasでは64bit版図面(*.tfx)を読み込むことができませんでした。

CADWe'll Tfas 7 では、32bit版でも扱える範囲内の図面容量であれば、64bit版図面(*.tfx)を読み込むことが可能です。
CADWe'll Tfas 7 には、図面容量をチェックするコマンドが装備されていますので、図面出力する際の目安にご利用ください。

■ 図面容量チェックコマンド
  1. [ツール]メニューの「ツールバーカスタマイズ」を選択
  2. 分類欄の「表示」を選択
  3. 図面容量チェックコマンド yoryocheck_icon.png をツールバーに配置する

ツールバーに配置した yoryocheck_icon.png をクリック、図面容量チェックを実行してみましょう。
図面容量の目安が表示されます。

★32bit版図面の許容範囲内の図面容量の場合は緑色で表示されます。
youryo_green.jpg

★32bit版図面の上限値を超える場合は、下図のように赤く表示されます。
youryo_red.jpg

ただし、あくまでも目安であり、図面の状況により、正しく判断されない場合もあります。特に図形を大量に削除し、未保存の図面などは、実際より高い値で表示される場合があります。
posted by ウエカレンジャー at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>共通
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409587282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。