2008年10月14日

『太陽の塔』森見登美彦

今日は極めてゆるーい小説、森見登美彦著「太陽の塔」をご紹介。
この作品、女性と縁がない主人公の妄想を嬉々と描いた作品だが、日本ファンタジーノベル大賞なんぞを受賞した高貴な小説だったんすね。
森見作品がジワジワと浸透してきているのは知っていたが、ついに新潮文庫の100冊に選抜。 京都といえば、山村美紗を連想する世代だけど、いまや「鴨川ホルモー」の万城目学氏との双璧、世間を席巻するのも時間の問題!?

驚いたのは、著者の脳みその柔軟性と発想(妄想?)力。
京都を舞台に、モテない、サエない大学生の日常が如実に描かれているのだが、ヘンタイの枠に収まるべき強烈個性の主人公たちを、あそこまで愛すべきキャラに仕立て上げた筆致は秀逸だ。
主人公とその朋友が華のない人生をまい進していく姿に、ある意味「転迷開悟」を垣間見よう。

抱腹絶倒とまではいかないが、思わずニヤリと、口角が引きあがること間違いなし。
合コンに明け暮れるスノッブな学生や、異性に振られたことがないモテモテの嫌味な人種には共感は得られないだろうが、そこそこの人生を送ってきた人には、じわぁ〜と染み入る、味わい深い作品だろう。

個人的にはゴキブリキューブのくだりが気になった。よっぽどの不潔極まりない飲食店にでも行かない限り、ゴキブリとご対面できない北海道では、いまいち想像できない恐怖だ。初めて知るゴキブリの神秘の生態であった・・・。
ゴキブリキューブが気になる方も、失恋男の生態が気になる方も、是非読んでみよう。
「ええじゃないか、ええじゃないか」と、頭を使わず、リラックスして読むのに至極な一品。

それでは、主人公にシンパシーを感じてやまないイエローの「ええじゃないか」踊りで締めくくろう。
yellow_odori.gif「ええじゃないか、ええじゃないか。
   メタボだって、ええじゃないか♪
      結婚できなくたって、ええじゃないか♪」
レッド
posted by ウエカレンジャー at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雑日記>映画・本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108047790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

デビュー作から妄想
Excerpt: 小説「太陽の塔」を読みました。 著者は 森見 登美彦 森見さんのデビュー作となる本書 まさに といった感じ 大学生の青春物語なのですが・・・ そこは 妄想とストーカーちっく(笑) あの「四畳半..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-07-26 10:37

森見登美彦 「太陽の塔」、読了
Excerpt: 森見登美彦の太陽の塔を読み終えました。 京都大学に通う男子学生が、ふられた元彼女の水尾さんについて 観察と研究という名目に基づいてつけ回す。 本人はストーカーなどとは思っておらず ただ「一時とはいえ、..
Weblog: ゆるり、、ゆるゆる、、発見のまいにち
Tracked: 2013-01-21 15:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。