2008年10月09日

ハンドル表示の裏技

今日は、このブログでも何度か紹介しているハンドル表示の裏技を伝授してしんぜよう。
ハンドル表示とは、Microsoft社のWord等で“図”を使用したことがある人にはなじみ深いと思うが、
図形の領域枠や制御点が「■」「◆」「●」などで表示され、移動・複写、図形変形等をサポートしてくれる機能である。
CADWe'll では、図形編集ハンドル表示モードに切り替えて図形選択するだけで、各図形にハンドル表示することができる。
ブルー

さて、今日はこのハンドルを使った、とある裏技をお教えしよう。
例えば、文字を選択してハンドル表示してみよう。
handle1.gif

次にハンドルのひとつをダブルクリックしてみてくれたまえ。
カーソルが変形用に変わるが怯まず、とにもかくにもダブルクリックじゃ〜
handle2.gif

すると・・・・・・ぶっとびー、[文字−連続編集]コマンドに遷移したじゃあないかぁ。
ちなみに一般の図形(線分や折線)のハンドルをダブルクリックしてみると、属性変更コマンドに遷移するぞ。

寸法線や引出線はそれぞれの変更コマンドに遷移する。
昔から CADWe'll に慣れ親しんでくれている人はあまり使わないハンドル表示ではあるが、技術者が苦心した機能なので是非使ってみてくれたまえ。

この機能は知らなかった人も多いんじゃないかな?
正直、オレ様もこんな機能が潜んでいることを知らなかった・・・。

過去の関連記事:簡単図形編集寸法線の簡単編集
タグ:CADWe'll 土木
posted by ウエカレンジャー at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクニカル情報>共通
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。